top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

「推し活」の未来 「推し活」文化 ⑩

【内容】

  1. 応援消費

  2. 共創関係「プラスα」づくり

  3. 「推しコン」文化の時代へ_

 

 

1.応援消費

「推し活消費」に近い考え方に「応援消費」があります。

こちらは、「応援する目的で、ものやサービスを購入・体験する消費行動」と定義されています。

東日本大震災で被害を受けた地域の農産物・海産物の積極的な購入や、コロナ禍で、売り上げが低迷する飲食店に対する応援などで、一般化し生活に浸透してきています。

応援消費の特長として、

  1. 満足度やモチベーションが高い:物があふれる現代では、「欲しいものがない」「モノより体験・思い出を大切にしたい」という消費者が増えています。「なぜそれを買うのか?なぜそこで買うのか?という意味づけが強く行われる応援消費は、満足度やモチベーションが高い傾向にあります。

  2. SNSで発信・受信しやすい:生産者が困っていることを SNSで発信した投稿が注目され、消費者が応援消費して、それを SNSで投稿すると、拡散していく効果があります。

 

2.共創関係「プラスα」づくり

同じ応援消費でも、若年男性は「純粋な応援」として消費する傾向があるのに対し、中高年男性は「周囲からよく見られたい」という他者目線が強い特徴があります。

また女性は、男性よりも「自分が欲しいもの=実利」がモチベションになっているようです。

このように、「狙いたい顧客」に合わせた訴求ポイントの設定が必要です。

また、ブランドや企業が、生活者からの応援を得るためには、「困った時だけ助けを求める」、いわゆる「ニワカのお付き合い」は避けるべきで、日頃からブランドや企業の思いを明確に提示し、共感を得て良好な関係性を形成すておく必要があります。

その上で、単純に物を購入して消費するだけではなく、そこに存在するドラマに自分も参加している喜びを感じられる「ストーリー」を持たせることで、強く長く消費者を惹きつけます。

「不用意な押し付け」は敬遠される可能性があり、「利己的ではない振る舞い」で、共創関係を作るという意味で、「推し活」と同様です。

現状の「応援消費」のモチベーションは、意義やストーリーですが、「推し活」における「AKB」のような共創関係「プラスα」の仕組みが有れば、さらに普及するのではないでしょうか。

 

 

3.「推しコン」文化の時代へ

消費がコモディティ化し、自分の欲求を満たすだけではなく、「他者への投資」という側面を持つ様になります。

自分ではなく「他者と代理」にして、その「頑張りや成長に投資」するわけです。

投資ですから、未熟な現状はさておき、目指すべきゴールと、成長プロセス、それを支援するファンの存在感などが、設計される必要があります。

AKBに代表されるように、ファンは未熟な彼女(彼)らの無名時代から応援し、自分たちがここまで育ててきたという感覚を持つようになります。

顧客参加型の生産プロセスと同じで、心理的所有感が向上するわけです。

自分が「推す」と決めた対象が、アイドルとして成長する事に、「自分が寄与する事」を楽しむという心理です。

「推し」の成長とファンの寄与とを、可視化し物語を紡ぐ仕組みとして、ランキングや総選挙、リーグ戦など、さまざまな形式で「対戦コンテンツ化」します。

単に「推し」を支える「推し活」ではなく、「推しとファンとの共創」を「推しコン(コンテストまたはコンテンツ)」として、事象そのものを楽しむ時代になっています。

「生活」そのものを「推しコン」の対象として楽しんで行く未来になると予想します。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page