top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

「推し活」消費とは、 「推し活」文化 ②

【内容】

  1. 「オタク」から「推し活」へ

  2. 「推し活」の拡大普及

  3. 昔から有った「推し活」

 

 

 

1.「オタク」から「推し活」へ

応援消費の代表格である「推し活」は、「推し」をする活動を指します。

様々な形で、自分の一押しの人やキャラクターを応援する活動です。

かつては何かに熱中し、深く追い求める人達のことは、「オタク」と形容されていました。

「オタク」という言葉が普及したのは1980年台後半で、「内向的で社会性に乏しく、ファッションに無頓着」というネガティブイメージで語られていました。

そして「推し活」という言葉は、 AKB48 を中心に2000年初頭頃から使われるようになります。

オタクほど「詳しくはないが、とにかく好き」という意味合いで、「オタク」ではなく「推し活」と表現するようになります。

そして2010年代に入ると、若者世代を中心に「推し活」のイメージが変化し、照準的な社会性を備え、カジュアルなファッションで、ネガティブイメージが薄れていきます。

 


2.「推し活」の拡大普及

近年「推し」という言葉は、急速に浸透かつ拡大・多様化しています。

元々「推し」は主に女性アイドルファンの間で、イチオシのメンバーを意味するオタク用語でした。

実在する人物としてのアイドルや俳優、声優はもちろん、スポーツ選手や歴史上の人物をはじめ、漫画やアニメ、ゲームに登場するキャラクター、さらには鉄道や建築物、仏像なども「推し」の対象になっています。

つまり愛好する物事、熱意をもって取り組んでいることは全て「推し活」にな流のです。

そして「推し」を応援して周囲に広める活動を指す「推し活」が2021年の新語・流行語大賞にノミネートされます。

 

 

3.昔からあった「推し活」

「推し活」という言葉はありませんでしたが、同様の行動は昔から有ったようです。

2023年5月に「推し活」の歴史を紐解く「推し活展」が、早稲田大学演劇博物館で開催されました。

展覧会は、「集める」「共有する」「捧げる」「支える」の4つに分類され、江戸時代に市民から熱狂的な人気を集めた歌舞伎など、日本の「推し活」文化を体系化しています。

「集める」セクションでは、江戸時代にブロマイドの役割を果たした浮世絵や、グッズとしてのウチワなどが展示され、現代とも繋がります。

「共有する」では、歌舞伎の観劇集団「贔屓連」や、宝塚歌劇団に対するファン組織としての全国宝塚会が紹介されています。

「捧げる」セクションでは、ファンが役者に送った手紙や人形などが、展示されています。

「支える」セクションでは、推しを金銭・物品的に支援したという資料が、展示されています。

 

この展覧会の企画者である赤井紀美氏は、「古来 歌舞伎や相撲などの贔屓・常連客と、現代の推しとの共通点を実感できる」とコメントしています。

好きな人やモノを、愛し応援するということは、非常に普遍的で、江戸時代も現代も、実はそんなに変わらないということです。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page