top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

お祭りが「未来」を拓く お祭りミライ ⑩

【内容】

1.お祭り準備力

2.お祭りの価値経済

3.優しい生活舞台づくり



1.お祭り準備力

お祭りは、単独で存在するのではなく、「コミュニティの益・不益」「巻き込む由縁」「反・日常の演出」が、セットになった「コミュニティのガス抜き&蘇生装置」だと言えます。

未来社会においても、何らかのコミュニティが存在する限り、お祭りの役割が無くなる事はありません。

そして、「お祭り」の立ち上げや準備は、基本的に苦労だらけ、面倒だらけです。

だからこそ、「お祭り」のメリットは「同じ志を持った人と繋がれる」ということになります

お祭りの準備の苦労、面倒は、災害とは違って「ポジティブ」で、人がつながるキッカケとして、「お祭り」程よいものはないと言えます。

「協力せざるを得ない状況」が、協力関係をつくります。

「お祭りの準備」こそが、コミュニティの絆を強めるのです。

「お祭りの準備力」と言えます。


人は誰しも何らかのコミュニティに帰属したいという欲求を持っています。

そして昔と比べ物にならないくらい、コミュニティを手軽に作れる時代、選べる時代になっています。

いろいろなことが、「素人&手作り」でやれる時代になって、昔に比べて、「やる人・地域」と「やらない人・地域」との格差が、どんどん開いて行くのではないしょうか。


2.お祭りの価値経済

現代都市は何でも、手に入るように見えながら、極めて現世的・物質的な分野に限られ、いわゆる「動脈系の価値提供」に、偏っていることがわかります。

都市における「お祭り」は神社・お寺とともに、「静脈系の価値提供」を担うインフラとして極めて高い潜在性を秘めていると考えます。

「共感できるテーマを核にした幅広い収益」と、「達成感とシェア思考によるコスト削減」とに、支えられるお祭りの運営活動から生まれるのは、静脈系の(エコ)システムです。

「利益・経済」を媒体とした動脈系のシステムでは、提供できないメリットとして、個人的には新しい関係性と自己表現の場(居場所と出番)として機能します。

静脈系の価値提供インフラは、従来の利益追求型ではなく共感・共創型で、サスティナビリティやステイクホルダー重視の時代動向にも整合します。

ビジネス思考では、賄えない活動を補完するとともに、ギスギスしてしまいがちな人間関係の潤滑剤としての役割を担います。

そこで生まれる上質な人間関係は、企業が共創やプロモーション活動をする際の舞台やパートナーとして極めて貴重な存在になると考えます。


3.優しい生活舞台づくり

「お祭り」が定着すると、コミュニティに対して「終の住処」として定住意識が芽生えるのではないでしょうか。

「静脈系インフラ」を中心とした活動や交流を通じて「終の住処」という認識が共有されれば、欧州の都市居住における教会コミュニティを現代的にアレンジした形で、都市に対してコミットし、愛着が高まっていくと考えます。

様々な共感テーマで人が集まり、直接的な GDPには繋がらないかもしれませんが、静脈系のエコシステムが生まれます。

経済一色や消費者至上主義ではなく、軽やかな自由だけでなく、ちょうど良い鬱陶しさがある、そんな「優しい生活舞台としての都市」づくりに繋がるのではないでしょうか。

最新記事

すべて表示

【内容】 道路に関する規制 法律よりも周囲の理解 ほこみちの可能性 1.道路に関する規制 ウォーカブルな街を展開する際の規制として、道路の場合は「道路法」と「道路交通法」があります。 それぞれの「禁止行為」「許可や免許などの手続き」について規制されています。 道路交通法第76条「何人も、交通の妨害となるような方法で物品をみだりに道路においてはならない」とあります。 具体的には歩道の真ん中にテーブル

【内容】 古来、「道」は生活の場だった 戦後のモータリゼーションによる変化 再び「ウォーキング」の奨励 1.古来、「道」は生活の場だった 「ウィーカブル」を考えるために「道」についての、沿革を整理します。 江戸時代、100万人の人口を抱えた江戸の街は、諸藩の武士や出稼ぎ労働者などが集まり、男女比が8:2と極端な男性偏重の社会でした。 江戸で暮らすシングル男子を最大顧客にして、「棒手振り」と言う移動

【内容】 ウォーキングが心身にもたらす効能 健康とウォーキングに関する知見 その他の効用 1.ウォーキングが心身にもたらす効能 (一社)日本ウォーキング協会によると、ウォーキングの健康面における効果として、下記の9つが挙げられています。 心肺・血管強化:酸素摂取量が増え、血液を浄化し、心臓血管病などを防ぐ。 メタボ予防改善:体脂肪を減らし、代謝を促し、内臓脂肪症候群を防ぐ。 悪玉追放:悪玉コレステ

bottom of page