top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

お祭りとは お祭りミライ ②

【内容】

1.日本のお祭り

2.お祭りの構造

3.お祭りの要素



1.日本のお祭り

「お祭り」とは、本来「神を祀(まつ)る」と言う「神様に感謝すること」を指します。

神の霊力の活性化や鎮魂によって、豊穣祈願や収穫感謝をはじめ、雨乞いや災厄防除を願ったり、先祖供養など、さまざまな目的があります。

お祭りの様式も、神輿や山車、太鼓台などの引き物や、祭囃子や巫女舞、神楽などの歌舞音曲が奉納されたり、盆踊りや阿波踊りなど、時代や地域によって、さまざまです。

さらに本来の神社や寺院が主体になるお祭りだけでなく、「ひな祭り」や「端午の節句」「七夕」など、日々の暮らしや、四季、文化的な催したり、戦後は地域や学校の行事まで、様々なお祭りが発展してきました。

「日本列島では常にどこかで、お祭りがおこなわれている」状況です。


2.お祭りの構造

神社のお祭りは「祭事・祭礼」が総称となり、「神事」と「神賑(かみにぎわい)」とで構成されています。

宮司などの神職が、祝詞を奏上する行事を「神事」とし、氏子など主体になってお囃子、踊りなどを奉納する行事を「神賑」とされています。

コロナ禍で「お祭りが中止」と言われましたが、神職による「神事」は続けられていたので、「大幅縮小」と言う表現が正確です。

古来からお祭りは、庶民が「ハレ」の機会を楽しみにして、「ケ」の日常を生きる活力の源になってきました。

ですから時代とともに、「神賑」が大きく派手になっていくのですが、「神事」が形骸化して、お祭りの意味が共有されなくなると、単なるイベントと変わりのない「神賑」だけのお祭りになってしまいます。


3.お祭りの要素

「御神輿」は、神が乗り、地域を巡り、災厄や穢れを清める行為です。山車や太鼓台も同様の要素です。

「盆踊り」は、平安時代に始まった「念仏踊り」がルーツだと言われます。

仏教を庶民に広めるために、念仏を踊りながら唱えていたものが、先祖を供養するための「霊鎮め(たましずめ)」の儀式と合わさって、定着しました。「秋田の西馬音内(にしもない)の盆踊り」、「岐阜の郡上おどり」、「徳島の阿波踊り」を「日本三大盆踊り」と言われます。

「花火」は、日本には元寇の蒙古襲来の際に、武器として火薬が持ち込まれました。一般に花火が鑑賞されるようになったのは江戸時代で、八代将軍吉宗が「川開きに際して、慰霊と悪疫退散を祈って水神祭を行い、花火が打ち上げられました。

神聖な火の力で、慰霊・鎮魂する意味があり、「球状」「多色」など、日本人の持つ繊細さと美意識が反映されています。

日本3大花火大会と言われるのが、秋田県大仙市の「全国花火競技大会(大曲の花火)」、茨城県土浦市の「土浦全国花火競技会」、新潟県長岡市の「長岡まつり大花火大会」です。


「神事」と対になった「神賑」としてのルーツを踏まえた、お祭りのあり方を検討すべきだと考えます。


最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page