top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

なぜ今「お祭り」が大変なのか? お祭りミライ ①

【内容】

1.お祭り大国:日本

2.お祭りの減少加速

3.本来は「したたかな」神社やお寺




1.お祭り大国:日本

全国に約30万あると言われる日本のお祭りですが、「消滅の危機に瀕しているお祭りが多数ある」と言われます。

2016年には「秩父祭りの屋台行事と神楽」「高山祭の屋台行事」など33件の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。(「京都祇園祭の山鉾行事」と「日立風流物」は2009年登録)

そして2021年には、「男鹿のナマハゲ」を含む、全国の来訪神行事10件が、「来訪神:仮面・仮装の神々」として、登録されています。

地域社会の安泰や災厄防除を願い、地域の人々が一体となって執り行う日本の祭りが、国際的に認められた訳です。


2.お祭りの減少加速

お祭りの数は、正確な統計が取られていないため、その減少数を統計的に比較することはできませんが、お祭りの母体となる神社・お寺の数、それを支える氏子や檀家の数が、減少していることから明らかです。

その原因としては、人口減少と都会への流出による地域コミュニティの崩壊が、従来から指摘されてきました。

それに加えて、コロナ禍に伴う中止からの消滅が挙げられます。

都会では、コロナ禍によるリモートワークの浸透に伴い、「飲み会」が減少し、居酒屋業界が大打撃を受けました。

コロナ禍が開けてもこの傾向は続き、飲み会の回数は、V字回復には至っていません。「亡くなっても特に不都合がない」という印象です。

結局「何となく続けていた慣習」が、見直しを迫られていると言うことではないでしょうか。

単純な比較はできませんが、地域の付き合いやお祭りもこれに似た、社会慣習と言えます。

「参加を断る口実」「中止を決断する理由」が見つからないまま、惰性で続いてきた慣習が、会社における「飲み会」、地域における「お祭り」だったということが証明されたのだと考えます。。

もちろん全ての「お祭り」が、消滅して良い訳ではありませんが、地域における「お祭りの目的と効用」が問い直されているのだと考えます。


3.本来は「したたかな」神社やお寺

民俗文化財というのは、生活の推移に沿うと言うことなので、昔のものがそのまま良い訳ではありません。

以前、「社寺再生」のシリーズで、「初詣」が川崎大師と京急電鉄の発案であったことや、「合格絵馬」の発祥が湯島天神で有ったことなどに触れましたが、本来神社やお寺は、マーケティングセンターと言える存在でした。

現在はお神輿が有名な神田明神の「神田祭」ですが、町中に堀が張り巡らされていた江戸時代には、「船渡御」として船に乗せられ、堀が埋められ道路になると「山車」で運行され、電線や歩道橋で山車が通れなくなると「神輿」に変化していったといいます。

神社・お寺そしてお祭りは、時代のニーズに対応しながら、したたかにサバイブしてきた DNA を賦活・活性化させるべきです。

アニメとのコラボやプロレス興行など、様々なトライアルと続ける神田明神の禰宜は、「人々の共有認識が変わるにはヒト世代必要だけれど、神社などは変化させながら1000年以上存続してきた」とコメントしています。


このような認識をもとに、これからの時代に対応した、「お祭りのあり方、未来の切り開き方」を、検討したいと考えます。

最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Comments


bottom of page