top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

なぜ今 スポンサードなのか?:文化施設のtoB戦略 ①

【内容】

1.文化系集客施設における「入場料頼り」の限界

2.スポンサード市場の盛り上がり

3.集客施設におけるtoB戦略の必要性



1.文化系集客施設における「入場料頼り」の限界

一般に集客施設における「時間単価は1,000円」といわれます。

映画館の料金は2時間楽しんで2,000円程度という訳です。

シネコンなどは、デジタル化を前提にして、多彩な映画コンテンツを仕入れ、少人数体制で運営することで、収益化を可能にしています。

因みにシネコンの(初期投資を含めた)収益ラインは、1席あたり1日1回転と言われ、1,000席で年間36万人、2,000席で70万人の集客が目安になります。

Zeppなどのライブホールの場合は、スタンディングを前提に、1,000人〜3,000人がすし詰め状態になる公演によって収益化が想定されています。

平均的な博物館は入場料1,500円程度、年間来館者数は7万人で、映画館と同等以下の料金で、1/5〜1/10の集客数になり、継続性のある事業構造とは言えません。

文化施設が集客を図るため、様々なイベントを企画していますが、私には「商店街活性化」のデジャブに映ってしまいます。

あの手この手を企画する事は良いことですが、手作り感が素人っぽさになり、高度なエンタメ体験に、慣れた生活者の関心を集める事は難しく、大した効果もないまま「イベント疲れ」して取りやめになることが多いのではないでしょうか。

シネコンのようなローコスト運営や、ライブホールのようなすし詰め状態での運営が、難しい文化系集客施設では、「入場料頼り」の事業構造を見直す必要があると考えます。


2.スポンサード市場の盛り上がり

スポーツやエンタメなどのライブコンテンツ事業では、「入場料収入」だけではなく、「スポンサー収入」が大きな柱になっています。

スポンサードは、当初はライブコンテンツへの「協賛」の側面が強かったのですが、テレビなどに放映されるようになると、その視聴者に向けた「宣伝効果」を期待して、スポンサードビジネスとして、大きく発展しました。

そしてデジタル技術の進展とともに、より的確な効果測定が可能になり、進化したマーケティング手法として活用されるようになります。

世界のスポンサード市場は、7.3兆円(2018年)と言われ、直近10年間で、約1.5倍、2.5兆円の伸びを示しています。

一方 日本国内に目を向けると、Jリーグのスポンサー収入は、2013年〜2016年の間で400億円〜500億円と25%の伸びに留まっています。

同じ期間に1,200億円〜2,000億円と67%の伸びを見せるプレミアリーグと比較すると、市場規模だけでなく、成長率でも大幅に劣っていることがわかります。

日本はスポンサードに関して、まだまだ「協賛」意識の抜けない未開拓市場と言えます。


3.集客施設におけるtoB戦略の必要性

ミュージアムや劇場などの文化系集客施設は、toC対応の「入場料頼り」の事業構造を見直すべきです。

スポンサードビジネスを含むtoB戦略に向けて柔軟な運営が必要ではないでしょうか。

このような認識を元に、本シリーズでは、スポンサードに協賛意識の抜けない「未開拓」な日本市場を「可能性」と捉えて「集客施設のtoB戦略」を検討していきます。

最新記事

すべて表示

コミュニティの有効性 共創から競創へ ②

【内容】 成熟社会におけるモチベーション 「私たちごと」づくりの必要性 コミュニティをつくるビジネスメリット 1.成熟社会におけるモチベーション コミュニティの有効性について、主にビジネス視点から整理します。 成熟ニッポンは、「失われた30年」と揶揄され、GDPは560兆円辺りを推移し、デフレが続き、給料も上がらない状況です。 高度成長期のように「3種の神器」やマイホームを買うために、モーレツに働

「コミュニティ」への期待 「共創」から「競創」へ ①

【内容】 「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」の変遷 「コミュニティ」ニーズの背景 1.「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」という言葉が、氾濫しています。 「地域」コミュニティ、「ファン」コミュニティ、「オンライン」コミュニティ、「コミュニティ」マーケティングetc. 本来は「特定地域の住民による相互扶助集団」を表す言葉として使用されていましたが、地域を超え、リアル空間を超えて使用され

都市暮らしの未来 都市暮らし ⑩

【内容】 都市暮らしの醍醐味 都市文化の醸成舞台 優しい生活舞台づくり 1.都市暮らしの醍醐味 次世代シェアハウスによって、「プチ公共意識」が芽生え、知縁コミュニティによって、温もりのあるエコシステムが形成され、お祭り感覚で定期的に、様々なコミュニティが交流し、膠着した日常をシャッフルされるようになると、窮屈な日本社会が、少し風通しが良くなる気がしませんか。 オンライン1stの世界では、自分一人が

コメント


bottom of page