top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

なぜ? 今?「日本型サードプレイス」なのか?:日本型サードプレイス①

【内容】

  1. サードプレイスの現在地

  2. 会社の延長としての「街の居場所」

  3. これからが、本当に必要になる



1.サードプレイスの現在地

スターバックスコーヒーが、「サードプレイスの提供」をコンセプトに、日本に上陸したのは、1996年でした。

ミラノのエスプレッソ・バーにおける「普段着の交流」をヒントにした「サードプレイス」と言うコンセプトは、「自宅でも、会社でもない、第三の居場所の提供」を意味しています。全国に1800店弱(2023年)と広がったスターバックスの店舗網とともに、日本でも「サードプレイス」と言う言葉が、認知されてきたようです。

言葉としては認知されましたが、実際の普及には程遠いようです。

東京都が都内在住20代の男女を対象に行ったアンケートによると、

日本人にとって「居心地の良い場所」は、

・自分の部屋82%、

・居酒屋(パブ)20%、

・カラオケボックス14%、

・カフェ12%

という結果です。

大部分の人が「自分の部屋」と答えており、「第三の居場所としてのサードプレイス」と呼べる場所を持っていないことが分かります。


2.会社の延長としての「街の居場所」

イタリアやフランスのカフェ、イギリスのパブなどが発達した西欧では、各々が「行きつけのサードプレイス」を持っており、「サードプレイスがない人生」は、「寂しい人生だ」と言われるほど、日常生活に密着しています。

堅苦しい肩書きを外して、様々な人と交流し、独自のコミュニティが生まれる場所が、サードプレイス本来の姿といえます。

ところが日本の場合、先のアンケートで2位3位に挙げられている「居酒屋」や「カラオケボックス」は、会社の飲み会で利用され、息抜きの場の役割を果たしている、「会社の延長」ではないでしょうか。

そこには「会社」が移動してきただけで、独自のコミュニティがある訳ではありません。

会社と自宅との往復こそが、「勤勉の証」と考えられていた日本では、街は通勤途中に通過するだけの場所で、憩いと交流の場として楽しむ「サードプレイス」が少なかったのです。


3.これからが、本当に必要になる

日本の場合は、会社の延長としての「息抜きの場」しかありませんでした。

それが定年退職とともに、通勤が無くなり、その延長として、立ち寄れる居酒屋なども無くなります。日常的に出かける場所が無く、自宅に引きこもってしまうことになるのです。

(因みに、定年後に限らず、コロナ禍で定着したリモートワークで、出社しなくなると、飲み会の機会が激減し、社用中心だった居酒屋業態は、苦境に喘いでいます。)

人生100年時代というライフステージで考えると、退職者(やリモートワーカー)が激増するこれからの時代が、サードプレイスの真価が問われる時代なのです。

会社とは独立したサードプレイスがないと、家人からは「濡れ落ち葉」と煙たがれ、孤立・健康阻害の要因になる可能性が高まります。

2025年には65歳以上人口が、3657万人と推定され、全体の3割を超える様になります。

会社の延長ではなく、引っ込み思案の日本人高齢者のための「居場所」になる、日本型のサードプレイスが必要ではないでしょうか。


このような認識をもとに、今シリーズでは、日本型サードプレイスを考察します。

よろしくお願いします。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page