top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

まちづくりのゴールと対象:まちづくり再考 ②

【内容】

1.まちづくりゴールの再定義

2.まちづくりの計画レイヤーの設定

3.「論語」と「算盤」のバランス思考


1.まちづくりゴールの再定義

①まちづくりには、様々な定義がありますが、事業として進めていくためには、「目指すべき状態」或いは「成果を測る目標」として、定量指標となるゴールを設定する必要があります。

②まちには、オフィス街や商業エリアなど、様々な方向性がありますから、企業数や商業施設面積などの、「構成要素」を指標化する事は、適切ではありません

③私たちは、居住している人でも、働いている人でもなく、「繰り返し訪れる人(=ファン)が多い街が、魅力ある街である」と解釈し、「街のファンを増やす事」をまちづくりのゴールとして提案します。

コロナ禍を経て、「リアルな都市の価値」が問われています。

居住人口や就業人口ではなく、「ファン人口の多い都市」、住宅でもオフィスでもなく、「サードプレイスとしての都市」が求められているのではないでしょうか。


2.まちづくりの計画レイヤーの設定

①まちづくりには、街を支えるインフラ的な計画から、人々の行動の結果となるコミュニティ的な計画まで、様々な計画レイヤーがあります。「街のファンを増やす」ために有効な計画レイヤーを設定する必要があります。

②インフラを整えてビル建設を促す時代ではありませんし、話し合って仲良くなる事が目的でもありません。

私たちは、インフラ・レイヤーとコミュニティ・レイヤーの中間にある「プラットフォームとコンテンツ」を計画レイヤーとして採用し、ファンを増やすための方策を計画していきます。

③コンテンツとは『内容・創作物』を意味しますが、ここでは、『街のアウトプット』と定義します。そしてプラットフォームは、『架台・舞台』の意味ですが、ここでは『コンテンツが自立できる仕組み』を指すことにします。

私たちは、「街が自律的にアウトプットできる仕組みづくり」を計画します。


3.「論語」と「算盤」のバランス思考

①「街のファンを増やす」まちづくりを推進していくためには、人々の共感・協力を得られる「大義」や、人々をワクワクさせる「ビジョン」が、必要だと考えます。

②まちづくりを事業として継続させていくためには、「事業性」や「経済的な枠組み」も不可欠だと考えます。

③まちづくり事業を推進するには、相反する「論語」と「算盤」とをバランスさせる思考が必要です。


私たちは、「街のファン」を増やすために、「コンテンツとプラットフォーム」を対象として、「論語と算盤」をバランスさせて推進していくことが、「まちづくり事業」であると考えます。

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page