検索
  • admin

グランドレベル革命 ① クリエイティブシティの核心はグランドレベルに在り

コロナ禍を経てオンライン1stが浸透し、どこにでも住め、どこででも働ける時代になりました。必然的にわざわざ移動して集まる価値と理由が問われます。リアルな都市の価値が問われているのです。技術革新が進む中で収益の2割以上を新規事業が占める企業が増え、オフィスは単に集まって事務作業する場ではなく、出会い・交流し・イノベーションを生み出す場としての役割が求められるようになっています。都市産業論でこれまでも標榜されてきた「クリエイティブ・シティ」を具体化する方策が不可欠になっているのです。

このような認識を元にすると、都市における重要な舞台は、ビル内で閉じられたオフィスの中ではなく、建物低層部と道路とが接する沿道ゾーン:【街ぎわプレイス】になると考えます。オフィス内の様々な活動がそこだけで完結してしまっては、街に染み出し発信・伝搬せず、他所から街を介して新しい情報・刺激との化学反応によって、変化・進化する可能性も低くなります。都市におけるイノベーションにはオフィス内外の相互作用・連鎖反応が不可欠なのです。街ぎわプレイスは様々な人の活動接点となる場所で、米国ポートランドの都市局では「地上30ft(約10m)以下の世界観が非常に重要」をコメントされています。そして丸の内などの都心部の再開発で重視される「イノベーショナルな(技術革新が起こりやすい)環境づくり」の必須要件が、「街ぎわプレイスにおけるパーソナルな表現と交流」であることが共通認識になっています。そのゴールとしてイメージされるのは「街丸ごとフェス化」なのですが、この実現がことのほか難しいのです。音楽祭をしてもアーティスト・イン・レジデンスを試みても、イベントとして話題にはなっても周囲のビジネスマンの行動変容には至っていません。食や音楽をはじめマンガ・アニメ・ゲームなどの様々なカルチャーに対して、企業人としてではなくパーソナルな嗜好、特技、価値観などが遺憾無く表現・発揮され、お互いをリスペクトしながら交流し化学反応を起こせるような街ぎわプレイスが理想的です。とにかく高層化して広いオフィス床の確保に注力してきた従来型の都市開発に対して、街ぎわプレイスをいかに作り込めるかに価値シフトしているのです。街ぎわプレイスにおけるパーソナルな表現と交流を具体化するための課題と方策を検討していきたいと思います。


最新記事

すべて表示

鉄道業界は人口減少社会への準備を始めていましたが、コロナ禍を経て移動現象が、一挙に10年分ほど前倒しになり、経営環境は非常に厳しくなってしまいました。人口増加・経済成長時代には非常に機能した阪急モデルですが、これに固執していては生き残れないという覚悟が必要です。これまで鉄道会社にとって沿線住民は都心通勤を前提に暮らす「マーケット的存在」として認識していました。マーケット・ニーズに沿った生活利便サー

コロナ禍を踏まえた沿線価値を検討する際に重要なことは、従来のように沿線住民の快適・利便を支援する生活サービスだけでは不十分だということです。都心への通勤需要が減少する環境下で、鉄道事業の根幹となる乗降客数を維持するためには、「遊動創発」の仕組みが不可欠なのです。成熟社会においては100万人を集客する遊園地を建設するのではなく、100人が利用する体験プログラムを1万個生まれる仕組みを準備することが有

これまでの都心通勤は、無駄とストレスが多かった反面、郊外に住みながらも都心とを日常的に行き来できていたので、食や音楽、ファッションなど都心の文化トレンドが日常生活に組み込まれていました。リモートライフによって時間的な余裕は生まれましたが、行動半径が小さくなり、どうしても文化トレンドには疎くなってしまいます。スイーツに代表される食文化の洗練と進化は、都心ならではの現象といえます。都心のデパ地下グルメ