検索
  • admin

グランドレベル革命 ⑤ 活用のための課題⑵事業のバランス感覚

街ぎわプレイス活用のもう一つの課題は、「民」の事情における「事業バランス」です。都心部の路面は、高い賃料でテナントに貸せる場所が多いため、路面店利用されている場合がほとんどです。銀座や表参道などの一等地は月坪10万円を超える賃料も珍しく有りません。「パーソナルな表現と交流の舞台」としての活用は、事業性に乏しいため一般店舗の賃料負担能力に太刀打ちできません。かといって人通りの少ない場所では、集客力も弱いため中々機能できない状況です。都市部において「パサージュ」的な場所が見つかると可能性が高まります。有楽町エリアでは「スリットパーク」として計画されていますが、ビルとビルの間の路地的なスペースにコンテナやキッチンカーを持ち込み、イノベーショナルな環境を作り出す試みをしています。抜け道的なパサージュは非常に分かりやすいですが、鉄道高架下や駐車場などの活用も検討可能です。「都市のスキマ空間」をいかに発見・発掘できるかが鍵と言えます。「パーソナルな表現と交流」を誘発するには、飲食サービスが有効なのですが、メニューのバリエーションを揃え、集客や居心地を生み出すためには、単独ではなく屋台村のように一定の集積が必要なってきます。大儲けを目指す訳ではないですが、事業の継続性を維持するために飲食サービスが集積して来ると、今度はビル内に入居している既存飲食店の営業を妨害しないように、配慮・調整する必要が出てきます。六本木ヒルズなど複合都市開発が、サマーイベントで屋台を設営する際には、まず施設内の飲食テナントに声がけして優先的に出店できるようにするなどの配慮を忘れません。このように街ぎわプレイスの活用には、事業のバランス感覚と相当の調整・手間が必要になってきます。何にための活用なのか?そのためのリスクとリターンとをしっかりと見極めておくことが重要です。単なる賑わいづくりや出店収益以外の、自分表現や相互コミュニケーションの誘発などのゴールに合わせたプログラムを想定して事業推進いくことが求められるのです。

最新記事

すべて表示

鉄道業界は人口減少社会への準備を始めていましたが、コロナ禍を経て移動現象が、一挙に10年分ほど前倒しになり、経営環境は非常に厳しくなってしまいました。人口増加・経済成長時代には非常に機能した阪急モデルですが、これに固執していては生き残れないという覚悟が必要です。これまで鉄道会社にとって沿線住民は都心通勤を前提に暮らす「マーケット的存在」として認識していました。マーケット・ニーズに沿った生活利便サー

コロナ禍を踏まえた沿線価値を検討する際に重要なことは、従来のように沿線住民の快適・利便を支援する生活サービスだけでは不十分だということです。都心への通勤需要が減少する環境下で、鉄道事業の根幹となる乗降客数を維持するためには、「遊動創発」の仕組みが不可欠なのです。成熟社会においては100万人を集客する遊園地を建設するのではなく、100人が利用する体験プログラムを1万個生まれる仕組みを準備することが有

これまでの都心通勤は、無駄とストレスが多かった反面、郊外に住みながらも都心とを日常的に行き来できていたので、食や音楽、ファッションなど都心の文化トレンドが日常生活に組み込まれていました。リモートライフによって時間的な余裕は生まれましたが、行動半径が小さくなり、どうしても文化トレンドには疎くなってしまいます。スイーツに代表される食文化の洗練と進化は、都心ならではの現象といえます。都心のデパ地下グルメ