top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

コンセプト再考 ② そもそもコンセプトとは?(位置付けと構造)

コンセプトとは一般的に「概念」と訳されます。もう少し詳しく説明すると「全体を貫く骨格となる発想・観点」と定義されますが、これだけでは意味が通じません。

コンセプトを目的、目標、課題などの中で位置付けると、①目的:「〇〇のために〇〇したい」(※目的を達成した時の姿がビジョン) ②目標:「目的達成のための定量表記される目印」(※目的に向けた役割がミッション) ③コンセプト:「目的に至る道筋(勝ち筋)」 ④課題:「現状と目標との差異のポジティブ表現」 ⑤問題:「発生している状況のネガティブ表現」と整理されます。

目標と課題との間に位置付けられ、一定の方向性を示す役割になります。

さらに都市開発においては、初期の構想から開業後の管理運営まで様々な段階と役割があります。上流から整理すると①企画・構想(開発)段階 ②施設(コンテンツ)計画段階 ③設計・建設段階 ④販売促進・コミュニケーション計画段階 ⑤管理運営段階 の五段階に分類されます。それぞれの分野や役割から、コンセプトは伝えるべき対象や特性が異なります。①③⑤がBto B(①の場合は行政対象のBto G を含む)間での伝達なのに対して、②は消費者も含めたBtoC, ④はBto C 中心に伝えやすさが求められるのです。

基本的には上位コンセプトを下敷きにして、各段階の計画条件を踏まえて、当該コンセプトが設定されます。

各段階でそれぞれの推進主体によってコンセプトが策定されますが、とりわけ重要なのが、事業主体が検討する①企画・構想(開発)段階コンセプトで、これを如何に②施設(コンテンツ)計画段階のコンセプトに落とし込むかが、プロジェクト全体の一貫性に関わってくると言えます。

③④⑤の段階が「HOW:どのように作るのか?」の方向性を示すのに対して、①企画・構想(開発)段階では「WHY:誰のために、何のために作るのか?」 ②施設(コンテンツ)計画段階は「WHAT: 何を、どの規模で作るのか?」の方向性を示すことになります。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page