検索
  • admin

コンセプト再考 ① コンセプト迷走

「コンセプトって何?」 都市開発などのプロジェクトでは、まず始めるのが「コンセプトづくり」です。実際に弊社への依頼で一番多いのが、このコンセプト策定業務です。

「この開発のコンセプトを策定してほしい」「コンペ提案にあたって、提案事項は揃っているので、コンセプトとしてまとめてほしい」などの依頼になります。

コンセプトって基本方針なの? 全体を表現するキャッチフレーズなの?

あと業務依頼を取り消される事もあります。「役員会で、設計図は書けないけれど、コンセプトくらい社内で作成するように指示された」という感じです。

コンセプトはそんなに簡単に社内で作れるものなの?

コンセプトという言葉が使われ出したのは、経営分野において1960年代に「マーケティング活動の方向性を決める考え方」と言われます。(元東京富士大学学長:井原久光氏)

建築や都市計画においても、高度経済成長期の、作れば売れる時代から、1970年代の市場調査を行うマーケティング重視の時代辺りからコンセプトという視点が浸透し始めました。

商品開発においては、関係者はそれほど多くありませんが、都市開発では、初期の開発構想の段階から、設計やテナントリーシング、開業販促、管理運営と様々な人たちが関わり、それぞれの立場でコンセプトを捻りだしているのが実情です。さらに地域連携などコミュニティへの参加や地球環境への配慮も重要視され、開発コンセプトはますます抽象化してしまっています。

それでなくても、人は人が意図した言葉通りに意味を受け取ってくれません。「コンセプト」は、一種のお題目のように扱われて、ほとんど形骸化しているのが現状ではないでしょうか?あるいは開業販促時のキャッチフレーズ的なキーワードをコンセプトにしているのかもしれません。

もとより各担当者がそれぞれの想いをバラバラに発信しても、制作プロセスでは混乱をきたしますし、開業のコミュニケーションプロセスでも全くインパクトを持たず、開発プロジェクト全体が、無理、無駄の塊になってしまいます。かといって以前のように市場調査からポジショニングが明確になるわけでもありません。ましてや何処かの偉い人が提示する「神託のようなキーワード」が通用するはずがありません。

企画・構想段階のコンセプトは、単なるお題目ではありません。そして本来はそのアウトプットが設計与件として反映されるべきものだと考えます。

今シリーズは、都市開発におけるコンセプトの位置付けと策定方法そして設計与件としての活用方法などについて考察してみたいと考えます。


最新記事

すべて表示

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内

私たちは、コンセプトの抽出にあたって、共創ワークが不可欠だと考えます。共創ワークとは、プログラムに沿った関係者とのグループディスカッションを指します。 共創ワークでコンセプトそのものは抽出できませんが、その前提となる「目指すべきゴール」「現状と事業条件」などの共有を通じて「課題」が明確になります。それに加えて「地域の潜在性・自分達の DNA」の再認識プロセスが非常に重要です。 これまでのように、マ