top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

サードプレイスによる都市の進化:日本型サードプレイス ⑩

【内容】

  1. 人生100年時代に対応したサードプレイスの必要性

  2. 「全体感と実感」を伴う「ユルい生業プレイス」

  3. 生活と街をつなぎ直す



1.人生100年時代に対応したサードプレイスの必要性

これまで整理してきたように、「日本におけるサードプレイス」は、提唱者のオルデンバーグが、定義していた「元祖サードプレイス」とは、かなり様相が異なります。

日本では、都市部における「会社の延長」としての「居酒屋」、あるいは会社帰りに立ち寄る「スナック」などが、サードプレイス的な役割を果たしてきました。

それらの施設は、会社が集まる都市部に集中し、郊外の住宅地には、ほとんどありません。

ですから、退職(或いはリモートワークの普及)とともに、都市部に通う生活スタイルや行動範囲が一変してしまい、従来型のサードプレイスを利用できなくなってしまうのです。

人生100年時代と言われる、これからの日本に必要なのは、郊外部における「自宅近郊型のサードプレイス」ではないでしょうか。

そして、日本人が利用しやすいのは、対面型のサロン形式ではなく、軽い共同行動(作業)をしながら、コミュニケーションできる形式の場のようです。

定年退職後も家に籠るのではなく、「週に何度が出かける」という意味では、サードプレイスではなく、「(副業も含めて)新しいセカンドプレイス」と言えるかもしれません。


2.「全体感と実感」を伴う「ユルい生業プレイス」

人生100年時代の日本型サードプレイスは、軽い共同作業と交流とを併存させる「ユルい生業プレイス」と総括できそうです。

「ユルい生業プレイス」を成立させる要素として、これまで提示した事例に共通するのが、「全体感と実感」の2要素です。

それは都市の経済活動が巨大化していく中で、「分業とデスクワークが中心」となり、事業の全体像やお客様との交流、現場実感が、失われた「反動」と言えます。

例えば、公園管理を効率化するには、「清掃業務」だけを切り出せば良いですが、楽しくはありません。

公園の「運営を丸ごと」任される方が、楽しくやり甲斐があるのではないでしょうか。

公園の一部で、野菜を育てて収穫して、それをみんなで料理して、美味しさと楽しさを分かち合う方が、達成感があり、仲間が増えます。

こんな共感を軸にしたエコシステムが、街なかに生まれていくと素敵だと思います。

様々な共感テーマで人が集まり、直接的な GDPには寄与しないかもしれませんが、「優しい社会」作りに繋がるのではないでしょうか。


3.生活と街をつなぎ直す

共同体において、個人の役割は「稼ぎ」と「勤め」という言葉で語られます。

松岡正剛氏によると、家族を養うために「稼ぐ」だけでは「半人前」で、(地域の)コミュニティを維持するための「勤め」ができて、「一人前」だということです。

経済成長期に、農村における血縁・地縁などの伝統的な共同体から逃れて、都市に集まった人たちが拠り所にした、「会社というコミュニティ(=社縁)」が崩壊し、都市住民の多くは、「根無し草状態」になっているのではないでしょうか。

経済活動だけ、損得勘定だけのドライな関係は、分かりやすいですが、ギスギスしてしまい、何よりコスト高な上に不安が付き纏います。

その将来不安は過度な防衛反応になり、現状維持思考で不寛容な社会につながります。


社会環境が変化し、住む場所が通勤の呪縛から解放されると、多彩なサードプレイスを通じて、様々な繋がりを楽しむライフスタイルが可能になります。

新しい繋がりが出来ると、視野が広がると共に、いざという時に「帰れるコミュニティがある」という精神的な安心感を獲得できるのではないでしょうか。

人生100年時代には、「経済効率」だけでなく、「サードプレイスを織り込んだ生活」という視点で、街を繋ぎ直す必要があるのだと考えます。

最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Comentarios


bottom of page