top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

サードプレイスの分類:日本型サードプレイスの提案 ④

【内容】

A:交流型サードプレイス

B:マイプレイス型サードプレイス

C:価値共有型サードプレイス




サードプレイスの分類では、本来オルデンバーグが示した「A:交流型」と、日本での主流となっている、一人または数人で静かに自分の時間を過ごすために、活用される居場所タイプ

「B:マイ・スペース型」の2種類への分類が一般的です。

ここでは、より現代の日本社会に対応させるため、特定の目的や意味を共有する「C:価値共有型」を加えた3つに整理します。


A:交流型サードプレイス

  1. 対面の交流場: オルデンバーグが想定した本来のサードプレイスで、初期のスターバックス・コーヒーに見られたスタイルです。面と向かった会話による交流に、積極的でない日本では、クラブやフェスなどの異空間でだけ、見られる交流風景かもしれません。

  2. 紹介型の交流場:日本においてはスナックやカウンター居酒屋など、飲食を伴う交流スペースが、このタイプに該当します。


B:マイ・スペース型サードプレイス

  1. 自分の居場所:現在のスターバックスジャパンやルノアールをはじめ、日本のほとんどの喫茶店・カフェがこれに該当します。

  2. 知的な居場所:本などの知的ツールを媒介として、自分の居場所化するもので、新しいスタイルと言えます。ビジネス対応の図書館や蔦屋書店、コワーキングスペースなどが該当します。


C:価値共有型サードプレイス

  1. カルチャー共有:ハーレーダビッドソン・カフェやランニングステーション、サウナなど、趣味や関心事をテーマにした交流の場です。クラブツーリズムや一部の美術館(京都市京セラ美術館、金沢21世紀美術館)など、文化やアートを共有する機会や環境も、これに当たります。

  2. 地域課題共有:子ども食堂や子育てカフェ、福祉カフェ、コミュニティカフェなど、共通の課題に向けて、関心を持つ人同士の交流の場としてのサードプレイスが想定されます。


この様な分類によって、各サードプレイスにおいて求められる提供価値が、明確になるのではないでしょうか。

その提供価値の純度が、市場性につながると想定されます。

因みに、物理的要因として「居心地の良さ」を確保すれば、社会志向と個人志向とは共存が可能だと言われています。その上で時間の経過とともに、個人志向は、次第に社会志向にシフトしていくという実験結果も得られています。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page