検索
  • admin

ニッポン・シアター⑦ 次世代の世界観実験シアター

歌舞伎の演目は基本的に松竹による企画・制作になっているようです。能や狂言の演目については各劇場の学芸員が担っています。伝統芸能といえどもライブパフォーマンスであれば、時代に空気を反映した革新も必要になります。その為にも固定的な企画・制作体制だけでなく、また既成の古典作品を持ってくるだけでなく、アーティストや技術者が共同して「何かを作っていく熱量を可視化」すること、リアルに生み出す場づくりが大切ではないでしょうか。

初音ミクを起用したボーカロイド・オペラTHE END は、「和の怪談」っぽさが海外で高い評価を受けた要因の一つだと言われます。近年のトレンドとして、単にテクノロジーによる「格好よさ」だけでは、上書きされ易くすぐに陳腐化してしまうのだそうです。イージーに消費されてしまう作品が増える一方で、ピカソの絵のような不気味さと強さを併せ持つ力を持った作品との二極化が進むのではないでしょうか。THE ENDのような不気味だけれど美しい作品が求められるのだとすると、短調、挽歌、見立てや余白の美意識などを基盤にした日本の伝統芸能に通底する世界観が受け入れられる潮流にあると推察します。日本的美意識をテクノロジーによって拡張する事が有効になります。1000年以上前から自然を美しいと感じ、カワイイという感覚と合わせて、仏像や園芸などと同様に、アミニズム的にキャラクター化してきたアニメ文化も活用できると考えます。

次世代を切り開いていく為にも、ニッポン・シアターには、このような次世代の世界観を多彩に実験・発信していく場所が必要です。ニッポン・シアターは技術レベルは非常に高いけれど「狂気」が足りないと言われる、日本のアーティストの枠を外すトライアルの場でもあるのです。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務