検索
  • admin

マーケットプレイスから「コンテンツプレイス」へ ③ コロナ禍に伴う価値シフトとオンライン1st

コロナ禍での外出自粛や非接触ニーズから、ネット通販の機会が増えたのではないでしょうか? 宅配便大手3社の2020年度の取扱個数は45億個に達し、19年度の40.3億個から、5億個近い増加になりました。リアルな商業施設は逆に2021年6月ではコロナ前の2019年同月比−23.5%(SC販売統計調査)で、特に都心部では−31.4%と厳しい数字を示しています。モノを買うためにワザワザ電車で移動したり、駐車場待ちの列に並ぶ手間を「無駄と考える」ことがすっかり定着しました。コロナ化に伴って3つの大きな価値シフトが生じたと認識しています。


2.集積・集客価値のシフトフト

リモートワーク体験を経て「オンラインでも仕事がこなせる」という認識がレガシー企業を含めて浸透しました。その結果「移動に伴うストレスと無駄」が顕在化し、都心部の人流が減少しました。これまで都市の基盤にあった「移動・交流の結節点としての価値」が大幅に減少すると考えます。都市には交通利便性だけではない求心力が求められる時代になります。


2.集積・集客価値のシフト

コロナ禍を経て「大量集客=不特定多数との密接」に対する違和感が残ると考えます。多くの人・モノ・情報を集積させる事によって、規模の合理性を生むという都市の価値が反転します。賑わい志向の商業施設が不安の対象になるかもしれません。顔の見える適度な規模のコミュニティに対する評価が高まると共に、コミュニティを支える役割と自覚が重視されるようになるのではないでしょうか。


3.一斉・一律価値のシフト

同様に朝夕の通勤ラッシュや昼の一斉ランチを始め、盆暮れの帰省ラッシュなどの一斉行動に対して、リスクと非合理性を痛感しているのではないでしょうか。独自の指針と判断による行動が、快適性と優位性を持つと認識された時代には自己裁量の増大とピークの平準化が進行すると考えます。

日本のEC化率(BtoC)を見てみると、2020年度は前年比21%で過去最高の伸びを示したものの、全体では約8.08%(2020年度)で、20%を超える米国や中国の1/3程度で、まだまだ伸長余地があります。買い物もオンライン1stの時代になり、これまで都市における賑わいの中心的存在であったリアルな商業施設の存在意義が問われています。オンライン1stを前提に今後の都市や商業施設のあり方を再定義していく必要があると考えます。


最新記事

すべて表示

歴史と伝統のイメージが強い神社仏閣ですが、実は時代のニーズに対応して、様々なマーケティング施策・観光振興策を駆使してきました。 清水寺の観光振興 太宰府の学業成就 川崎大師の初詣 湯島天神の絵馬 浅草神社の夏詣で 1.清水寺の観光振興 昭和30年頃まで、清水寺の観光客は極めて少なく、産寧坂には店舗もなかったと言います。そこで清水寺は観光振興のために、御堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた「胎内巡り」

これまでの街づくりと社寺仏閣との関係を整理し、これからのあり方について、検討します。 【内容】 今昔の街づくりでの位置付け 都市における社寺の可能性 シビックプライドの拠点としての社寺整備 1.今昔の街づくりでの位置付け 江戸時代までの社寺は、街づくりにおいて、大変重要な位置を占めていました。 門前町では、神社や寺院を中心に街が形成され、城下町でも、武家地、町人地、寺社地などに町割りされて計画して

全国の神社仏閣が、コンビニの2.5倍もあることは、前回触れましたが、なぜそこまで社会に浸透し、増えたのか?について、その歴史を踏まえて検討します。 【内容】 自然崇拝から始まる 仏教伝来と神仏習合 社寺の保護と仏教制圧 政策としての寺請・檀家制度 国家神道と廃仏毀釈 GHQと神道司令 1.自然崇拝から始まる 古代、大木や巨岩あるいは山などは、神さまが降りられる場所、鎮座される場所とされました。その