top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

中間領域のベンチマーク 縁側ストラクチャー ④

【内容】

1.ジョン・ジャーディの中間領域

2.トーマス・ヘザウィックの中間領域

3.隈研吾の中間領域


遠慮しがちな公共スペースでのアクティビティを活性化させる中間領域の設えのベンチマークとなる事例をいくつか整理したいと思います。


1.ジョン・ジャーディの中間領域

米国サンディエゴのホートンプラザや、日本でも六本木ヒルズ、難波パークス、博多キャナルシティなどの設計を手掛け、「フェスティバル・マーケットプレイス」というコンセプトの環境デザインで一世を風靡しました。

建物を「街」に見立て、雑然さを人工的に再現しました。

来街者が、街全体を回遊して何度でも楽しめ、歩くたびに景色が変わるように、わざと見通しを悪くしたり、床や天井のパターンを変えたり、周遊させる場所を設けたり、緩やかにカーブする動線などがデザインされています。

六本木ヒルズで手がけた、低層部のメトロハット、カスケードのあるパーゴラ、展望台への入り口パビリオン、ヒルズアリーナなど、一般的なビルディングとは異なるスケールと機能の建築物が、賑わいと居心地の良さを演出しています。


2.トーマス・ヘザウィックの中間領域

森ビルが開発する「麻布台プロジェクト」の低層ゾーンをデザインするトーマス・へザウィックも、建築の枠に囚われない建築家で、ベンチマークになるのではないでしょうか。

「タンポポ」の愛称がついた上海万博英国館では、大英帝国が集めた世界中の「種子」を、10万本のアクリル棒に封じ込めて、パビリオンを形成しました。

エリザベス女王の在位70周年記念行事のための「Tree of Trees」や、ニューヨークのハドソンヤード開発における「ヴィッセル」などでも同様に、人々の「愛着を反映させる小さなパーツ」を開発し、無数に組み合わせていくことで、共感を醸し出していく手法を駆使しています。


3.隈研吾氏の中間領域

国立競技場を設計した隈研吾氏も、中間領域づくりに長けた建築家だと考えます。

アオーレ長岡のナカドマは、雪国において天候に左右されることのない半屋外の広場空間です。

巧みなトップライトが木漏れ日のような光を投げかけ、地場産のスギ材ルーバーが、巨大な空間でも、民家のような居心地の良さを醸し出しています。

京王高尾山口駅の木の大屋根は、日常の世界と聖地との結界であり、鉄道という近代のインフラと、大自然とのボーダーとして機能しています。

高尾山の行燈からヒントを得た照明が柔らかい光を投げかけています。

隈研吾氏は「ノイジーな存在の人間だから、ノイジーな空間を求める」と、コメントしているように、公共スペースとして開放するのであれば、ノイジーな要素をきめ細かくデザインしていくことで、利用性が高まるということをよく理解しているのだと考えます。

最新記事

すべて表示

基本イメージ 健康経営ビル ⑤

【内容】 基本方針 「ウエルネス・シェアオフィス」イメージ 1.基本方針 健康経営ビルディングは、ビルオーナーや不動産ディベロッパーが対象になります。 「各オフィステナントが、専用部内で個別に確保する必要のある健康経営関連スペース(の一部)を、ビル側が共用施設として低層部に集約することによって、合理化すると共に、健康経営の下支えすることで、ビル全体の価値向上を図る」と言うものです。 健康経営の評価

研究会での知見 経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地球環

Comments


bottom of page