top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

今なぜ、健康まちづくりなのか?:シン健康まちづくり ①

【内容】

  1. 「健康まちづくり」推進の背景:国の思惑

  2. 個人の老後不安

  3. エイジング・イン・プレイスの実現



1.「健康まちづくり」推進の背景:国の思惑

超高齢社会の到来を控え、「住民ができる限り健康で幸せを実感できる」まちの実現を目指して、まち全体の環境を整備する「健康まちづくり」に取り組む自治体・地域が増えています。

誰も反対のしようが無いコンセプトなのは理解できますが、どうして一斉に唱え出したのでしょうか?

この背景には、2005年を境に、日本が人口減少時代に突入しており、2055年には人口が2020年比で3割(約3,600万人)減少し、65際以上の高齢者が約4割になると予測される人口構成があります。

加えて、厚労省のアンケート(平成24年:終末期医療に関する調査)では、「60%以上の人が、自宅での療養を希望している」という報告をしています。

この2つを重ねると、

  1. 支え手となる現役世代が減少し、社会保障費(医療費+介護費)が膨張の一途を辿るため、従来通りの病院での高齢者医療サービスの維持は困難。

  2. 一方「最後まで、自宅に住み続けたい」という要望も高いため、病院及び施設介護から在宅医療・在宅介護ニーズへの対応が必要。

  3. 従って、「男性8年、女性12年」と言われる平均の【寝たきり期間の短縮】と、できる限り【地域で支える仕組み】が必要。

という構図が浮かび上がってきます。

社会保障費の膨張を抑えるため、高齢者サービスの【病院・施設介護から在宅での医療・介護】にシフトしたいという国の思惑が感じられます。

つまり「健康まちづくり」とは、高齢者の「健康長寿」を支えるまちづくりだという事です。


2.個人の老後不安

人生100年時代と言われる時代、老後費用はいくら必要なのでしょうか?

一番気になるのが「介護費用」です。「生命保険文化センター:生命保険に関する全国実態調査」によると、在宅介護と施設介護で大きく異なります。

在宅介護の場合、要介護度によって異なりますが、平均月額5万円程度と言われます。

これに加えて住宅内の段差解消や福祉用具の購入などで、初期費用として平均74万円程度が必要になります。

これに対して施設介護では、初期費用(基本は家賃の前払い金)平均185万円、月額費用平均18万円となります。

これに加えて、医療費の負担があります。(厚労省:平成30年度医療保険に関する基礎資料)医療費は75〜79歳年額77万円(月額6.4万円)から90〜94歳年額113万円(月額9.4万円)になりますが、健康保険及び高額医療制度により、自己負担額は14.4万円(月額1.8万円)が上限になっています。


3.エイジング・イン・プレイスの実現

エイジング・イン・プレイスとは、「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続ける」という考え方です。

介護期間は、在宅介護が平均5.1年、施設介護が3.5年で合計8.6年となっています。

平均年金収入は毎月12万円程度と想定されますので、在宅での医療・介護の方が、個人的にも不安は少なそうです。

エイジング・イン・プレイス社会は、社会全体としても個人的にも、理にかなっているのではないでしょうか。

本シリーズでは、このような視点から「健康まちづくり」について、考察したいと思います。

最新記事

すべて表示

コミュニティの有効性 共創から競創へ ②

【内容】 成熟社会におけるモチベーション 「私たちごと」づくりの必要性 コミュニティをつくるビジネスメリット 1.成熟社会におけるモチベーション コミュニティの有効性について、主にビジネス視点から整理します。 成熟ニッポンは、「失われた30年」と揶揄され、GDPは560兆円辺りを推移し、デフレが続き、給料も上がらない状況です。 高度成長期のように「3種の神器」やマイホームを買うために、モーレツに働

「コミュニティ」への期待 「共創」から「競創」へ ①

【内容】 「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」の変遷 「コミュニティ」ニーズの背景 1.「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」という言葉が、氾濫しています。 「地域」コミュニティ、「ファン」コミュニティ、「オンライン」コミュニティ、「コミュニティ」マーケティングetc. 本来は「特定地域の住民による相互扶助集団」を表す言葉として使用されていましたが、地域を超え、リアル空間を超えて使用され

都市暮らしの未来 都市暮らし ⑩

【内容】 都市暮らしの醍醐味 都市文化の醸成舞台 優しい生活舞台づくり 1.都市暮らしの醍醐味 次世代シェアハウスによって、「プチ公共意識」が芽生え、知縁コミュニティによって、温もりのあるエコシステムが形成され、お祭り感覚で定期的に、様々なコミュニティが交流し、膠着した日常をシャッフルされるようになると、窮屈な日本社会が、少し風通しが良くなる気がしませんか。 オンライン1stの世界では、自分一人が

Opmerkingen


bottom of page