検索
  • admin

卒・売り場思考の商業施設⑩ ソシオ・マーケットプレイスの未来

都市を多様な人・モノ・環境との実感交流の舞台と想定すると、商業施設はマスターゲットに「モノ」の売り買いする場ではなく、ソシオ同士が「価値観やストーリー」の売り買いする場として価値を持ちます。例えば飲食業で言えば、単に「美味しい料理を提供する」だけでなく、創作における独自のストーリー価値を語れる「都市型6次産業化」した方がソシオにとって価値が高まると言う事になります。そのためには飲食だけなく、他業界と連携した都市体験の一部として位置付けた活動が必要で、音楽やpopカルチャーも含めユーザーの反応やフィードバックを、次の創作に生かし進化させる事ができる仕組みが大切です。更にはスペインのグルメ都市サン・セバスチャンの美食クラブのように、レシピをオープンにしながら料理人だけでなく研究者やアーティストを含む様々な人が「食文化づくり」に参画できるような仕組みも魅力的です

さらに新しい知見と出会える場としてのミュージアムや図書館・書店や、お酒や食事を介しながら出会い対話する場としてのクラブ・バー・カフェ・レストランなどが想定されますが、いずれも建物内部で活動が完結してしまっては、新しい実感交流を通じた進化が促せません。街なかにハミ出し、他の場の活動と混じり合い、化学反応のように進化していくことが重要なのです。ソシオ起点の「次世代の生活文化」を発信するには、均質なホワイトキューブではなく、地域(空間)的なつながりや歴史(時間)的な文脈を継承した「曲(クセ)のある環境」が優位なのです。これからは創造性を刺激する沢山のフックを織り込まれた環境が求められるのだと考えます。

個人とソシオを刺激するフックとして、真実性(相応しさ)と歴史性(サスティナビリティ)とが重視されるようになるのです。「世界観とストーリー」を纏ったリアル環境をショールームとして生かし、オンライン上で収益を獲得していくのです。近代都市は人間に文明として合理性と利便性とを与えてきました。これからは人間が文化として土地の曲を生かしながらコンテンツを上書きしていく番です。個人がソシオとしてお互いに情報を受発信し輝き合える、更に総体として人間と都市とが輝き合える【ソシオ・マーケットプレイス】こそ卒・売り場思考の商業施設の未来形であると考えます。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務