top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

商業施設アップデートの覚悟 1

商業施設と D2Cメーカー各々の事情


都心商業施設の苦戦が続きます。超成熟社会化に伴う長期的かつ緩やかなダウントレンドはインバウンド需要に支えられてきましたが、コロナ禍によるインバウンドの蒸発に加え、時短営業・外出自粛・テレワークの普及などの要因が重なり、[交通利便立地×テナント集積力=成功]という方程式が全く崩壊してしまったのです。 Eコマースの進展でリアル店舗が売れない上に来店もしてくれない状況で、商業施設の[固定+売上歩合]賃料が成立せず、全国のショッピングセンターでは約18万件の空き区画があるといわれます。少しでも賃料外収入を稼ごうとポップアップ店舗などを試みても手間の割に効果に実感が無いようです。もともと商業施設の事業構造は館が「集客」し店舗が「売上」を立てるという役割分担です。単店では集客が難しい店舗の集積が多く、一部の有力店舗を除き店頭売り上げに拘りオンライン連携にも積極的では無い状況です。いわゆるレガシー店舗の集合体としての商業施設のデジタルシフトは至難と言えます。

一方 伸長著しいD2Cメーカー(オンラインでの製造直販企業)ですが、オンライン上はすでに競合で溢れ、各社がストーリーやコンセプトを語るものの、オンライン情報だけでの圧倒的な差異化表現は難しい状況です。リピート率も向上せずオンライン広告料が高騰し、結局大多数の客は体力のある大手に流れてしまうという課題に直面しています。パルコ幹部の言によれば「 D2 Cメーカーにとって最も顧客獲得効果が高い方策は商業施設への出店だ」そうです。

このような状況認識のもとD2Cメーカーとの連携による商業施設のアップデートが有効だと考えます。 

最新記事

すべて表示

コミュニティの有効性 共創から競創へ ②

【内容】 成熟社会におけるモチベーション 「私たちごと」づくりの必要性 コミュニティをつくるビジネスメリット 1.成熟社会におけるモチベーション コミュニティの有効性について、主にビジネス視点から整理します。 成熟ニッポンは、「失われた30年」と揶揄され、GDPは560兆円辺りを推移し、デフレが続き、給料も上がらない状況です。 高度成長期のように「3種の神器」やマイホームを買うために、モーレツに働

「コミュニティ」への期待 「共創」から「競創」へ ①

【内容】 「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」の変遷 「コミュニティ」ニーズの背景 1.「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」という言葉が、氾濫しています。 「地域」コミュニティ、「ファン」コミュニティ、「オンライン」コミュニティ、「コミュニティ」マーケティングetc. 本来は「特定地域の住民による相互扶助集団」を表す言葉として使用されていましたが、地域を超え、リアル空間を超えて使用され

都市暮らしの未来 都市暮らし ⑩

【内容】 都市暮らしの醍醐味 都市文化の醸成舞台 優しい生活舞台づくり 1.都市暮らしの醍醐味 次世代シェアハウスによって、「プチ公共意識」が芽生え、知縁コミュニティによって、温もりのあるエコシステムが形成され、お祭り感覚で定期的に、様々なコミュニティが交流し、膠着した日常をシャッフルされるようになると、窮屈な日本社会が、少し風通しが良くなる気がしませんか。 オンライン1stの世界では、自分一人が

Comments


bottom of page