top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

商業施設アップデートの覚悟 2

D2Cメーカー導入の課題


都心商業施設における D2 Cメーカー連携によるアップデートは、有望だと考えられるのですが、なかなかうまく結果を出せないようです。丸の内や新宿、渋谷などで「ショールームストア」として先進的な試みが進められているものの「非常に話題になる」「すごく売れる」といった評価にはなっていません。何万社もある D2Cメーカーは扱う商材の種類が限られ、生産量も少ないケースがほとんどです。出店期間も数日〜2週間程度と短く、販売スタッフやノウハウにも限りがあり、現状ではリアル売り場としては魅力を発揮できない状況だと推察されます。従来のテナントイメージでディベロッパー側が「開店・集客」を期待しても、無理があることを認識すべきです。これはオフィスビル事業における「コワーキングスペース」の創成期に似ていると言えます。それまでオフィステナント市場では「出来るだけ安定的な企業に、大きな床面積を、長期間借りてもらう」事をゴールとして運営されてきました。「不安定な個人のクリエイターや社会事業家に、デスクスペース一つから、時間単位から貸す」コワーキングスペースは非常に手間が掛かるため、創世記はインディー系の運営者が中心だったのです。ところがコワーキングのスタイルがイノベーションやインキュベーションを生み出す仕組みとして有効であるという認識が広まり、次第に大企業による運営が進んだところでのコロナ禍で一気に普及したとい言えます。米国オフィス調査会社によれば「2030年にはオフィス全体の30パーセントがコワーキングになる」という予測も出ています。まさに「法人の時代」から「個人の時代」へのシフトと言えます。商業施設においても「コワーキング」のように位置付けを明確にした上で、 D2 Cメーカーを導入していくべきだと考えます。

最新記事

すべて表示

コミュニティの有効性 共創から競創へ ②

【内容】 成熟社会におけるモチベーション 「私たちごと」づくりの必要性 コミュニティをつくるビジネスメリット 1.成熟社会におけるモチベーション コミュニティの有効性について、主にビジネス視点から整理します。 成熟ニッポンは、「失われた30年」と揶揄され、GDPは560兆円辺りを推移し、デフレが続き、給料も上がらない状況です。 高度成長期のように「3種の神器」やマイホームを買うために、モーレツに働

「コミュニティ」への期待 「共創」から「競創」へ ①

【内容】 「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」の変遷 「コミュニティ」ニーズの背景 1.「コミュニティ」の現在地 「コミュニティ」という言葉が、氾濫しています。 「地域」コミュニティ、「ファン」コミュニティ、「オンライン」コミュニティ、「コミュニティ」マーケティングetc. 本来は「特定地域の住民による相互扶助集団」を表す言葉として使用されていましたが、地域を超え、リアル空間を超えて使用され

都市暮らしの未来 都市暮らし ⑩

【内容】 都市暮らしの醍醐味 都市文化の醸成舞台 優しい生活舞台づくり 1.都市暮らしの醍醐味 次世代シェアハウスによって、「プチ公共意識」が芽生え、知縁コミュニティによって、温もりのあるエコシステムが形成され、お祭り感覚で定期的に、様々なコミュニティが交流し、膠着した日常をシャッフルされるようになると、窮屈な日本社会が、少し風通しが良くなる気がしませんか。 オンライン1stの世界では、自分一人が

Comentários


bottom of page