top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

基本的な視点と方針:文化施設 PPP ⑤

【内容】

  1. 高度化する生活者ニーズへの対応

  2. 野球場の進化に学ぶ

  3. 複合ワンストップ体験の提供




1.高度化する生活者ニーズへの対応

ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。

「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると、いう認識が必要です。

ワザワザ訪れ、そこで時間を過ごすなら、「一つの体験だけでなく、複数体験を楽しみたい」いわゆる「〇〇できる〇〇」という複合ワンストップ体験施設が求められています

複合ワンストップ体験に、有効なのが「多機能性」「滞留性」、そして「開放性」になります。


2.野球場の進化に学ぶ

今年開業する「北海道日本ハムファイターズ」の「北海道ポールパークFビレッジ」が注目を集めています。

32haの敷地に、開閉式球場、温泉・サウナ施設、宿泊施設、クラフトビール醸造所に加えて、子どもの遊び場やグランピング施設、農業体験施設、分譲マンションなどが建設され、「ひとつの街づくり」になっています。

北海道の事例は、特別かもしれませんが、「野球観戦」だけに特化していれば良かった球場が、横浜や広島、福岡をはじめ、飲食メニューに力を入れたり、独自のクラフトビールを醸造したり、ミュージアムを併設したり、子供の遊び場などを備え、「多機能」な「ボールパーク」として整備されることが、主流になりつつあります。

もちろん「コアコンテンツとしての野球」も重要ですが、様々な機能を整備することで、「ライトなファン」を集めたり、ナイター観戦なのに、昼頃から訪れ楽しめる「滞留性」を備えています。

さらには、部分的に施設を「開放」することで、試合のない時や、チケット無しでも利用できるようにして、日常的な来場を促そうとしています。


3.複合ワンストップ体験の提供

生活における基本的・機能的な行動がネット対応できるようになり、「ワザワザ訪れる価値」が問われるようになっています。

企業のオフィスにも「ワザワザ出社する価値」に対応が迫られる時代です。

「ワザワザ訪れるのなら、少なくとも2〜3時間、できれば半日程度は楽しみたい」というのが基本ニーズになります。

ミュージアムにおいても、「コアとなる感動体験」に加えて、鑑賞前の期待・高揚感の演出、鑑賞中の快適性の確保、鑑賞後の余韻を楽しめる飲食サービス、グッズ購入による感動の持ち帰りなどを含めた、複合ワンストップ体験の提供した上での活用方策が、求められると考えます。


次回以降で具体例として、「ホテル」見立て、「テーマパーク」見立てなどの方策提案を行います。

最新記事

すべて表示

シェアオフィスのメリット・デメリット シンシェアオフィス ④

【内容】 シェアオフィスの特徴 シェアオフィスのメリット シェアオフィスのデメリット 1.シェアオフィスの特徴 シェアオフィスとは、オフィスフロアを複数の事業者で利用できるオフィスであると定義されます。 その特徴は、戸建て住宅と集合住宅との比較で考えるとわかりやすいと思います。 自分で住宅を建てるのであれば、自由に設計・利用できる反面、大きな出費になりコストバランスを考えると郊外に場所を求めざるを

オフィスの歴史とシェアオフィス シンシェアオフィス ③

【内容】 オフィスの量的拡大 オフィスワークの質的変化 テレワークの定着とシェアオフィスの有効性 1.オフィスの量的拡大 戦後日本の産業構造は経済成長とともに、第一次産業から第二次産業、そして第三次産業へとシフトしてきました。 産業構造のシフトに加えて、都心部の産業集積、地方からの人口流入や女性の社会進出などが相まって、オフィスワーカーは増加の一途を辿ってきました。 そしてその受け皿としてのオフィ

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

Comments


bottom of page