top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

壁・柱・フレーム 縁側ストラクチャー ⑦

【内容】

1.くらす広場の居心地

2.広場づくりの作法

3.屋外での居場所づくり



1.くらす広場の居心地

JR南武線の稲城長沼駅周辺の活性化事業として、地域のコミュニティ活動「くらすクラス」の設立を支援し、その拠点として「くらす広場」を計画しました。

約350㎡のくらす広場は、高架下の圧迫感を軽減し、居心地を確保するために、2.7メートル角の穴あきフレームで構成されています。

高架下のスペースでは、天候に関係なくマルシェ・イベントが開催できますが、このフレームは、マルシェの区画を区分すると同時に、間仕切りシートや照明を取り付けることが可能になっています。

さらに看板や商品をぶら下げることによって、平面的になりがちな、広場でのマルシェ・イベントが立体的に演出できるという効用もあります。

このように巨大な構造物の足元に、フレームを配することで、居心地と利用性を向上させ、人の滞留を促す事が可能になります


2.広場づくりの作法

1997年に開業した商業施設「亀戸サンストリート」では、中央に約1,000㎡の広場を設けました。

その計画と運営を踏まえて、広場づくりには「作法」があることを実感しました。

  1. 適切な配置と広さ:欧州の街の広場の事例でわかる様に、広場は施設の端っこではなく、中央にあるべきです。できれば道路から隔てられ建物に囲われた配置が望ましいのです。

その上で多様な人がそれぞれの居場所で佇め、イベント時の収容力を考えると1000〜3000㎡の面積が必要ではないでしょうか。

  1. 場の温もり:温もりのある場所に人は集まります。ですから広場の外周部は賑わいある店舗で囲われていたり、日常的に子供達がハシャぐ風景が見られる工夫が必要です。

サンストリートでは子供用に手づくりの輪投げや表彰台、水遊び台などが置かれていました。

  1. 客席よりステージ:広場というと階段上の客席が計画されることが多いですが、むしろ必要なのはステージだと感じました。

私たちが計画した広場で連日ライブが開催できたのも、出演者をリスペクトするシンボルとして常設ステージがあったからだと考えます。

  1. 床、天井の工夫:ただの空地は広場にはなりません。電源の設置はもちろん、ケーブルが通路を跨ぐことを防ぐ床溝の工夫や、テントを立てる際に固定できる基礎を用意する必要があります。

ステージを照らすスポット照明を含め、床や天井にきめ細かな工夫が必要になのです。

  1. 運営スタンス:広場を運営するスタンスは最も大切です。「使わせてやる」スタンスでは広場の利用は直ぐに敬遠されてしまいます。

利用者・出演者へのリスペクトが口コミで広がり、次の利用者を呼び込みます。広場の利用者を「顧客」と捉えた「集イベント」の運営スタンスが有効です。


3.屋外での居場所づくり

これまでの様々な広場づくりを通じて、屋外で人が滞留・活動できるようにするためには、ベンチだけではダメで、居場所を確保するための設えが不可欠だと実感しました。

中央線東小金井の高架下には、歩道との境界部分にスチールフレームのファサードが設けられています。

このフレームが高架下の圧迫感を軽減し、道路との結界を作ると共に、コンテナハウスに、店舗らしい「店構え」を演出しています。

神田スクエアの北側広場にも、公共スペースで小さな居場所を生むために、フレーム、ベンチ、カウンターがセットで配置されています。

屋外のワークプレイスや、店舗の拡張スペースとして工夫されています。

地味かもしれませんが、床をアスファルトではなく、ボードデッキにすることも、その場所を「通行」だけではなく、佇んだり、滞留して楽しむ場所だというアイコンになっています。

ますます高度化する環境ニーズに対応するために、屋外でも「床・柱・フレーム」などで、「準建築的な居場所づくり」をする必要があると考えます

最新記事

すべて表示

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

bottom of page