top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

壁・柱・フレーム 縁側ストラクチャー ⑦

【内容】

1.くらす広場の居心地

2.広場づくりの作法

3.屋外での居場所づくり



1.くらす広場の居心地

JR南武線の稲城長沼駅周辺の活性化事業として、地域のコミュニティ活動「くらすクラス」の設立を支援し、その拠点として「くらす広場」を計画しました。

約350㎡のくらす広場は、高架下の圧迫感を軽減し、居心地を確保するために、2.7メートル角の穴あきフレームで構成されています。

高架下のスペースでは、天候に関係なくマルシェ・イベントが開催できますが、このフレームは、マルシェの区画を区分すると同時に、間仕切りシートや照明を取り付けることが可能になっています。

さらに看板や商品をぶら下げることによって、平面的になりがちな、広場でのマルシェ・イベントが立体的に演出できるという効用もあります。

このように巨大な構造物の足元に、フレームを配することで、居心地と利用性を向上させ、人の滞留を促す事が可能になります


2.広場づくりの作法

1997年に開業した商業施設「亀戸サンストリート」では、中央に約1,000㎡の広場を設けました。

その計画と運営を踏まえて、広場づくりには「作法」があることを実感しました。

  1. 適切な配置と広さ:欧州の街の広場の事例でわかる様に、広場は施設の端っこではなく、中央にあるべきです。できれば道路から隔てられ建物に囲われた配置が望ましいのです。

その上で多様な人がそれぞれの居場所で佇め、イベント時の収容力を考えると1000〜3000㎡の面積が必要ではないでしょうか。

  1. 場の温もり:温もりのある場所に人は集まります。ですから広場の外周部は賑わいある店舗で囲われていたり、日常的に子供達がハシャぐ風景が見られる工夫が必要です。

サンストリートでは子供用に手づくりの輪投げや表彰台、水遊び台などが置かれていました。

  1. 客席よりステージ:広場というと階段上の客席が計画されることが多いですが、むしろ必要なのはステージだと感じました。

私たちが計画した広場で連日ライブが開催できたのも、出演者をリスペクトするシンボルとして常設ステージがあったからだと考えます。

  1. 床、天井の工夫:ただの空地は広場にはなりません。電源の設置はもちろん、ケーブルが通路を跨ぐことを防ぐ床溝の工夫や、テントを立てる際に固定できる基礎を用意する必要があります。

ステージを照らすスポット照明を含め、床や天井にきめ細かな工夫が必要になのです。

  1. 運営スタンス:広場を運営するスタンスは最も大切です。「使わせてやる」スタンスでは広場の利用は直ぐに敬遠されてしまいます。

利用者・出演者へのリスペクトが口コミで広がり、次の利用者を呼び込みます。広場の利用者を「顧客」と捉えた「集イベント」の運営スタンスが有効です。


3.屋外での居場所づくり

これまでの様々な広場づくりを通じて、屋外で人が滞留・活動できるようにするためには、ベンチだけではダメで、居場所を確保するための設えが不可欠だと実感しました。

中央線東小金井の高架下には、歩道との境界部分にスチールフレームのファサードが設けられています。

このフレームが高架下の圧迫感を軽減し、道路との結界を作ると共に、コンテナハウスに、店舗らしい「店構え」を演出しています。

神田スクエアの北側広場にも、公共スペースで小さな居場所を生むために、フレーム、ベンチ、カウンターがセットで配置されています。

屋外のワークプレイスや、店舗の拡張スペースとして工夫されています。

地味かもしれませんが、床をアスファルトではなく、ボードデッキにすることも、その場所を「通行」だけではなく、佇んだり、滞留して楽しむ場所だというアイコンになっています。

ますます高度化する環境ニーズに対応するために、屋外でも「床・柱・フレーム」などで、「準建築的な居場所づくり」をする必要があると考えます

最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Comments


bottom of page