検索
  • 松岡一久

想定外のポスト2020を考える 「前提条件A」

 コロナ禍を経た「ポスト2020」を考える【前提条件A】として人々の意識と行動の変容が生み出す需要系条件が挙げられています。


①「苦労しながらもテレワーク実装」先端分野だけでなくレガシー企業を含めて強制的にテレワークが導入されました。

自宅内にスペースを見つけ、通信環境の不備に苦労しながらもなんとか仕事をこなしています。

性善説に立ち穏やかに成果主義を採用しながらテレワークに慣れていくのでしょう。


②「家と徒歩生活圏の充実が不可欠」この2~3ヵ月の経験はテレワークを根付かせ、自宅・マンション共用部あるいは徒歩圏にワークスペース(正確にはオンライン会議スペース)を確保することにつながります。

場合によっては自宅ワークスペースを確保するためにより郊外に移転するかもしれません。

移動時間が短くなり、会議も短時間で済む反面、運動不足を補うため自宅周辺で過ごす時間が多くなります。

自分の暮らす街の多様な価値を見直す機会になると考えます。


③「通勤及び都心への意識変化」テレワークによる効率性に慣れてしまうと、都心への通勤という苦痛と無駄を痛感するようになると思います。

さらに朝夕のラッシュを始め、みんなが横並びで一緒に動く習慣への違和感・リスクと個人で考え行動していく重要性を認識すると考えます。

更に「オンライン」が基本になり「移動・対面(オフライン)」が特別・貴重な行動として位置づけられ交流手段が変容すると、都心の人流は減少します。

従来の不特定多数を賑わいとして「規模と集中」を基にした経済性ではない都心の価値が必要になってくるのです。


 次号では供給系の【前提条件B】について検討していきます。

最新記事

すべて表示

Beyondコロナの都市づくり⑥「リアル商業の近未来」

今後のリアル商業のあり方について、デジタル化の最前線に詳しい岡田泰宏氏(パルコデジタルマーケティング執行役員)にお話を伺いました。 まず言及されたのは現在の都市型ショッピングセンターの窮状は、コロナ前から始まっていたと言う認識でした。 成熟社会化やEコマースの台頭などに伴うダウントレンドを感じてはいても手を打てなかったツケが一気に顕在化したという事でした。 その上でパルコにおける様々なデジタル施策

Beyond コロナの都市づくり⑤「コロナを超えて未来を見据える」

コロナ禍において厳しい状況に置かれているリアル商業について、飲食業界のフロントランナーである楠本修二郎氏(カフェカンパニー 代表)にお話を伺いました。 飲食業は非常に厳しい状況にあり、特にこれまで好立地とされていた都心の複合施設開発内の飲食店が厳しいと言う「成功の方程式反転」の状況判断から、思考を深めて都市のあり方と地方の可能性にまで言及頂きました。 ローカルがグローバルと直接交流する時代にな

Beyond コロナの都市づくり④「都市におけるオフィスのあり方」

Beyondコロナの都市におけるオフィスのあり方について、ワークスペース研究の第一人者の岸本章弘氏(ワークスケープ・ラボ代表)にお話を伺いました。 オフィスにまつわる変化の兆候としてあげられる①知識創造とイノベーションの促進、②DXの推進による生産性の向上③多様なワークスタイルの選択肢の提供④人を中心に置いた空間のデザインなどは、実はかなり以前から課題になっていたことばかりだと言うことです。 様々

©2018 ENERGY LABO ALLRIGHTS RESERVED.