top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

拠点のあり方:福祉のコンビニ+α:シン健康まちづくり ⑥

【内容】

  1. エイジング・イン・プレイスのニーズと可能性

  2. 福祉のコンビニ

  3. 負い目を払拭する「+α」の工夫



1.エイジング・イン・プレイスのニーズと可能性

「厚生労働白書2016」には「住み慣れた住まいや地域に最後まで住み続けたい」という高齢者は72.2%に及ぶという調査結果があります。

約9割が「住み慣れているから」という理由ですが、一方で「老後に一人暮らしすることになった場合の健康不安」も7割が上げています。

「家族に依存せずに生活できるような介護サービスがあれば自宅で受けたい」という答えが、37%と最も高く、「家族による介護」の18%の約2倍になっています。

まさしく「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続ける事:エイジング・イン・プレイス」が、求められているのです

助けを必要とする高齢者の人数は、要介護高齢者(608万人:4.8%)認知症高齢者(525万人:4.1%)となり、住民の9%弱と想定されます。

街の中にエイジング・イン・プレイスを、支えるための仕組みが必要なのです。


2.福祉のコンビニ

介護予防策では、身体活動の重要性が認識されているものの、「室内での体操」などでは、少人数・短期効果に止まります。

より多くの人たちの行動変容を促すには、ヒューマンスケールの近隣環境に、立ち寄りやすい場所や、人と人とのつながりが生まれる活動を作り、「外出・歩行を促す」方策が、有効なこと事がわかってきました。

このような街の拠点には、従来の公的な介護サービスだけでなく、見守り、食・買い物サービスなどの基本的な生活機能に加えて、旅行・外出、趣味など多様な楽しみサービスの充実が必要です。

高齢者・子供や障害者を含む多様な住民に向けて、サービスを提供する「福祉のコンビニ」です。

ボランティアや住民主体の「共助」や、市場サービス提供者など多様な主体の連携による生活福祉拠点が、近隣にあることが重要という事です。


3.負い目を払拭する「+α」の工夫

多様な交流サービスを提供する「福祉のコンビニ」は、健康街づくりの拠点機能として有効だと思いますが、もうひと工夫できないでしょうか。

北欧には「ホイス・コーレ」という生涯学習施設があります。知人が留学したホイス・コーレでは、高齢者と若者が一緒に学んでいたと言います。若者たちは学びながら、高齢者のサポートをするという一種のデイケアセンター機能を担っているのです。高齢者は「学ぶ」という名目があるので、負い目なしにデイケアに通え、若者たちはサポート作業を条件に、「学ぶ」費用が減額される仕組みです。このような負い目を払拭する「+α」の工夫が、利用者の拡大に繋がるのではないでしょうか。

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page