top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

推し活と企業連携の考え方 「推し活」文化 ⑥

【内容】

  1. 「推し活」連携の特徴

  2. 「推し活」連携の事例

  3. 「推し活」連携のポイント

 

 

 

1.「推し活」連携の特徴

成熟社会における消費のモチベーションであり、コアになる市場だけでなく、周辺連携により、大きな波及効果を望めそうな「推し活」を企業活動に活かそうというのが、推し活マーケティングです。

「推し活」の最大の効力は、ファンの「伝播力」にあります。

自分の「推し」を、「まだ知らない人たちに知ってほしい」という思いが込められ、伝播させていきます。

これは「誰かのためにすることが、自分の幸せにつながる」という「利他の精神」とも言えます。

アイドルの応援広告を含めた「推し活」の原動力と言えます。

そして推し活の基本は、「自発的な行為」です。

自分と世界とを繋ぐ行動は、常に自分発である必要があります。

ユーザーが、 SNSでシェアしたくなる仕掛けがあると、情報拡散しやすくなります。

しかしその一方で、メディアや企業から「これを宣伝してください」と指示されること対しては、反発を招きます。

このバランスのむずかしさが、「推し活」連携のツボになるのだと言えます。

 

2.「推し活」連携の事例

企業と推し活との連携では、下記の様な事例があります。

1.ローソン×男性アイドル

コンビニのローソンでは、ジャニーズアイドル「なにわ男子」とのテレビ CMに加えて、店内放送イベントを実施しています。店内に流す音声になにわ男子を起用し、推し活中のファンの来店を促しています。

2.エスビー食品×ボーイズグループ「INI」

同社の「まぜるだけのパスタソース」のプロモーションとして、 INIメンバー11人のそれぞれを「推しスパ」を紹介し、テレビCMやTwitterキャンペーン、コラボパッケージなどを展開しました。

3.カラオケパセラ推し会パック

カラオケチェーン「パセラ」が、推し活の一つであるオフ会やイベント、推しの誕生日のお祝いなどの「推し会パック」を用意しています。

推しのイメージカラーを使ったドリンクやスイーツなど同じ推しを持つファンが集えるプランを提供しています。

 

3.「推し活」連携のポイント

推し活と企業との連携には、いくつかの留意点があります。

1.「推し」が主役になる工夫

通常の「コラボ」であれば、自社の商品・サービスを主要テーマにしても良いですが、推し活マーケティングにおいては、「推し」を全面に出すべきです。商品やサービスのファンではなく、推しのファンが対象だと言うことを肝に銘じるべきです。

 2.「推し」と関連性が持てるもの

提供する商品・サービスとの「こじつけ」は、ファンの反発を買います。

「推し」が大切にされていると、ファンに感じてもらえるようなストーリーを打ち出すことで、推し活に熱心になって貰えます。

 3.形として残せる商品にする

持ち運びできて、 SNS投稿できるものなら、写真に収めてもらえます。

具体的な形のないものは、 SNSでの拡散が期待できません。

推し活マーケティングで提案する商品は、SNSで発信できる形の残るものにする必要があります。

 4.誰かと共有したくなるもの

ただ推し活商品を購入するだけでは、それ以上の拡散がありません。

ファンが購入してから、誰かと共有したくなり、SNS 拡散までがワンセットとして設計する必要があります。

 

この様なポイントに配慮された「推し活」連携は、SNS全盛の時代に対応した販促手法だと言えます。

最新記事

すべて表示

今 なぜ駅のアップデートが必要なのか? シン駅3.0 ①

【内容】 コロナ禍で転換したライフスタイル 2030年予想の10年前倒し 駅でも人手不足 1.コロナ禍で転換したライフスタイル 2023年度の大手私鉄各社の鉄道事業は、コロナ禍の危機を脱したものの、旅客者数は2019年度比で80%台前半に落ち着いています。 九州や関西、中京圏の旅客者数が、コロナ前比で80%後半まで回復しているのに比べ、首都圏各社の回復が鈍く、特に東京メトロは、78.6パーセントに

文化観光のミライ シン文化観光⑩

【内容】 XRによる近未来の文化観光体験 関係人口増大の経済価値 次世代の町衆「ソシオ」づくり 1.XRによる近未来の文化観光体験 2030年頃には、AR グラスなどのデバイスを実装して、文化観光を楽しむスタイルが普及すると考えます。 そうなると、既存のリアルな街並みや施設を活用して、デジタル上に多彩なコンテンツを上書きしていけるようになります。 街を歩きながら、神社仏閣や文化財の多言語での解説や

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

Commentaires


bottom of page