top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

方策2:地縁+テーマによる企業の巻き込み お祭りミライ ⑧

【内容】

1.提灯への名入れだけではダメ

2.ソフトバンクホークスのスポンサード事例

3.地縁+テーマによる企業の巻き込み



1.提灯への名入れだけではダメ

お祭りへの企業協賛と言えば「提灯への名入れ」が一般的ですが、その理由は、「いままでが、こうだったから」のようです。

「地域の人たちの、地域の人たちによる、地域の人たちのためのお祭り」だった時代には、地域の一員として企業も負担してきたのでしょうが、今日の状況を考えると、この協賛パターンは見直しが必要だと考えます。

これからは、企業が本当にメリットを感じるスポンサード設計を、検討・提案していく必要があるのです。

企業も、マス広告さえ行えば、商品が売れて万々歳という時代ではない事は承知しています。

商品を開発・販売する上での「共創マーケティング」、その前段としての「企業ブランディング」、取引企業との「ビジネスミーティング」、優良顧客への「インセンティブ」、従業員の家族を含む「福利厚生」、人材獲得のための「リクルーティング」など、企業の様々な周辺活動を支援する機会として、お祭りを活用してはどうでしょうか。


2.ソフトバンクホークスのスポンサード事例

お祭りとは違う分野ですが、福岡ソフトバンクホークスのスポンサード設計が参考になるのではないでしょうか。

ソフトバンクホークスは、2019年度に324億円を売り上げて、日本で最も稼げるプロスポーツチームになっています。

売り上げの内訳は、下記の通りです。

①マッチデー収入:47%(約152億円)。年間265万人を動員し、チケット、グッズ、飲食収入など、平均客単価は5,700円になります。

②コマーシャル収入:44%(約142億円)。スポンサーシップやライセンシング収入など

③放映権:9%(約29億円)

142億円に上るコマーシャル収入は、PayPayドームにおけるビジョン収入はもちろん、様々な特定客席の名称やファウルポール(地元のマルタイラーメンがスポンサーになっています)などのネーミングライツ、さらに各種PRイベントなど250種類以上の協賛・広告・看板を商品化した成果と言えます。

スポンサーには、単なるロゴ掲出だけでは無い特典が用意されているのです。

ビジネス利用に対応したスーパーボックスは、専用エントランスやラウンジが整備され、スポンサープランによっては、試合開始2時間前から利用でき、会議後に食事会やバルコニーからの試合観戦が可能になっています。

このようにPayPayドームは、ビジネスでの接待や親睦会、企業の福利厚生に活用できるtoB対応の特典を用意し、収益化を図っているのです。


3.地縁+テーマのよる企業の巻き込み

「地縁+テーマ」の事例として、私が関わる障害者支援活動と、神宮前商店街とのコラボが挙げられます。

毎年10月に開催する「ピープルデザイン・ストリート」では、商店街の一部を歩行者天国化して、様々な出店で賑わうのに加えて、ブラインドサッカーなど障害者も一緒に楽しめるプログラムを実施します。

このような立て付けにすると、神宮前に縁のある人たちだけでなく、テーマに関連した各種コミュニティやクリエイターが関わってくれます。

さらに趣旨に賛同する企業の協力も得られやすくなります。

もちろんお祭り当日に、サンプリングの実施や企業ブースを設置するなど、分かりやすい企業メリットを提示することも有効です。

「地縁+テーマ」のコラボを柔軟に対応できるか否か?が、選ばれる地域(祭り)になるかどうか?の分岐点になるかもしれません。


また、一件のお祭りだけで小さい場合は、地域のお祭りをパッケージ化してはどうでしょうか?

プロ野球のパリーグが、チーム毎のプロモーションだけではなく、リーグでの商品化やキャンペーンを成功させている事が参考になります。


本気で企業スポンサードを検討・提案することは、これからのお祭りの事業構造を考える上で、非常に重要だと考えます。

最新記事

すべて表示

基本イメージ 健康経営ビル ⑤

【内容】 基本方針 「ウエルネス・シェアオフィス」イメージ 1.基本方針 健康経営ビルディングは、ビルオーナーや不動産ディベロッパーが対象になります。 「各オフィステナントが、専用部内で個別に確保する必要のある健康経営関連スペース(の一部)を、ビル側が共用施設として低層部に集約することによって、合理化すると共に、健康経営の下支えすることで、ビル全体の価値向上を図る」と言うものです。 健康経営の評価

研究会での知見 経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地球環

コメント


bottom of page