top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

方策1:次世代シェアハウス 都市暮らし ⑦

【内容】

  1. 標準設計の功罪

  2. シェアハウスの可能性

  3. 次世代シェアハウス

  

1.標準設計の功罪

昭和30年代から40年代にかけて、都市部で働く地方出身の中流サラリーマン世帯に、良質な住宅を大量に供給するために、主として都市近郊に、数百から千世帯をこえる団地が次々と開発されました。

この大量の団地で供給されたのが、「標準設計51C型」という住宅です。

「標準設計51C型」は日本住宅公団が1951年に提案した住宅モデルで、夫婦と子供2人の4人家族を想定し、「寝食分離」という目指すべき暮らし方を提案したもので、50㎡程度2DKタイプで、ダイニングキッチンを備えていました。

極小住宅を研究して作られた、この標準設計により、調理、洗濯からトイレや風呂を含む必要機能が、コンパクトに収められた一方で、応接・接客機能が後退し、鉄の扉一枚で住戸の内と外が遮断されてしまいます。

この標準・量産型の住宅モデルは、時代の要請に対応して「〇 LDK」という形で大型化しますが、その後のマンション開発の雛形になります。

家族中心に自己完結した間取りによって、内と外との関わりは分離し、「集まって暮らすことの意義」が見直されることなく、固定化してしまいます。

2.シェアハウスの可能性

近年注目を浴びる住居形態に「シェアハウス」があります。

シェアハウスとは、一つの住居の中で、個室以外の共用部(リビング、キッチン、バスルーム、トイレ)などを複数人でシェアして暮らす賃貸住宅を指します。

社宅や学生寮、古民家などをリノベーションした物件が中心で、共用部に重質したキッチンやリビングなどの工夫を凝らし、独自性を打ち出しています。

特定の住民の利便性を高めるため、入居条件を絞ることもあります。

例えば、女性専用の物件では、女性のニーズに合わせて、広いパウダールーム

や高いセキュリティを完備したり、シニア専用では、バリアフリーに配慮したり、手すりをつけるなどの工夫をし、住民同士で安否の確認や支え合う事で注目を集めています。

その他、アウトドアや音楽などの趣味や、シングルマザーのキャリアアップや、子育て支援、海外からの留学生やビジネスマンなど、共通の目的や思考を持った住民同士で共同生活を送る「コンセプトシェアハウス」も増えてきました。

シェアハウスのメリットは、①住居費用が抑えられる。②住民同士でコミュニケーションが取れる。③共用部に家具家電が備わっている。などが挙げられます。

デメリットは、①同居者の生活リズムが合わないリスクがある。②プライバシーが確保しにくい。などです。

シェアハウスの特性は、「集まって暮らす意義」を考える上で、非常に参考になるのではないでしょうか。

3.次世代シェアハウス

以前あるプロジェクトで、成瀬・猪熊建築設計事務所が興味深いシェアハウスを提案していました。

大規模な集合住宅の一案として、メゾネット形式で、上階に個室とトイレ・シャワーなどを含む、最低限のプライベートスペースをまとめ、下階に、リビングやダイニング・キッチン、浴室などを用意しています。

プライベートスペースに複数の個室を用意することで、単身者だけでなく、子育て世帯にも対応可能になります。

この次世代シェアハウスであれば、プライベートを適度に確保しながら、日常的に住民間のコミュニーケーションが生まれます。

顔の見えるコミュニティで、子育てや見守りを支えることが可能になるのではないでしょうか。

家族単位で、各住戸を孤立させてしまった、標準設計の「殻を破る」アイディアだと考えます。

ここから生まれる「プチ公共意識」が、周辺に広がっていくことを期待します。

最新記事

すべて表示

基本イメージ 健康経営ビル ⑤

【内容】 基本方針 「ウエルネス・シェアオフィス」イメージ 1.基本方針 健康経営ビルディングは、ビルオーナーや不動産ディベロッパーが対象になります。 「各オフィステナントが、専用部内で個別に確保する必要のある健康経営関連スペース(の一部)を、ビル側が共用施設として低層部に集約することによって、合理化すると共に、健康経営の下支えすることで、ビル全体の価値向上を図る」と言うものです。 健康経営の評価

研究会での知見 経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地球環

Comments


bottom of page