top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

施策1プロデュースとしての接客業 おもてなし2.0 ⑦

【内容】

1.おもてなしで期待値を高める

2.(1/100)3乗戦略で付加価値メニューを提供

3.プロデュースとしての接客業



1.おもてなしで期待値を高める

接客業の生産性を高めるための、最もわかりやすい方法は、「客単価」のアップです。

「サービスはタダ」と考える日本人ではなく、「対価を支払う」インバウンドを中心に設定してはどうでしょうか。

「RYOKAN(旅館)」というインバウンド向けのプラットフォームの上で、上質なサービスを高単価で提供する「星野リゾート」が、ロールモデルになると考えます。

「星のや京都」における日本文化の体験メニューは、鵜飼の鑑賞:10.2万円、華道体験:7.6万円(2人)、ホタル狩り:1.65万円となっています。

おもてなしとして、日本人が得意とする「丁寧できめ細かな」サービスを提供することで、期待値を高めていきます。

その上で、様々なオプションサービス、日本文化の体験メニューを用意し、他では味わえない体験価値を提供して、高額な客単価を実現する仕組みです。



2.(1/100)3乗戦略で付加価値メニューを提供

体験価値に磨きをかける際に有効なのが、(1/100)3乗戦略です。

【(1/100)3乗=百万分の一】の戦略は、教育研究家の藤原和博氏やクリエイティブディレクターの佐藤尚之氏が提唱しているセルフブランディング論です。

【1/100×1/100×1/100=1/1,000,000】

一つの領域で、百万分の一の突出した存在になることを目指すではなく、1/100を複数(例えば3領域)持つことを目指す方が、効果的だという考え方です。

走力で言うと、百万分の一を目指すには、日本トップクラスの実力が必要ですが、1/100と考えれば学校での2~3クラスで一番のレベルになります。

これと掛け算になる個性を見つけて磨きをかけていく訳です。

例えば陸上選手の為末大氏のように世界最速でなくても「足が早い」×「科学的トレーニングに精通している」×「パラスポーツ・ネットワークを持つ」となると他者が追随できない 【ONLY ONE的なユニークな存在】になるのです。

先の体験価値で言えば、「珍しいコンテンツ」×「その分野の達人」×「希少な場所」と想定できます。


3.プロデュースとしての接客業

おもてなしの精神での、丁寧できめ細かなベーシックサービスが基本になりますが、それだけでは、価値の可視化が難しいのです。

宿泊施設の場合は、星野リゾートのような、特別な文化体験メニューの提供が、有効ですし、飲食施設の場合も、音楽や芸能などのプログラムと組み合わせてはどうでしょうか。

いずれの場合も、特別な場所、時間、設えで提供できると、一層 価値が高まります。

古都の「お茶屋」の発想です。

「お茶屋」には厨房がなく、店で調理する事はありませんが、料理屋や酒屋から仕出しを取り寄せ、芸妓を予約・手配することで、極上の宴席を設える仕組みになっています。

客のニーズに対応するホスピタリティを発揮するには、幅広いネットワークに根ざしたプロデュース能力が、求められるのです。

同様の構図で、「病院」「老人福祉施設」などへの展開も考えられます。

最新記事

すべて表示

シェアオフィスのメリット・デメリット シンシェアオフィス ④

【内容】 シェアオフィスの特徴 シェアオフィスのメリット シェアオフィスのデメリット 1.シェアオフィスの特徴 シェアオフィスとは、オフィスフロアを複数の事業者で利用できるオフィスであると定義されます。 その特徴は、戸建て住宅と集合住宅との比較で考えるとわかりやすいと思います。 自分で住宅を建てるのであれば、自由に設計・利用できる反面、大きな出費になりコストバランスを考えると郊外に場所を求めざるを

オフィスの歴史とシェアオフィス シンシェアオフィス ③

【内容】 オフィスの量的拡大 オフィスワークの質的変化 テレワークの定着とシェアオフィスの有効性 1.オフィスの量的拡大 戦後日本の産業構造は経済成長とともに、第一次産業から第二次産業、そして第三次産業へとシフトしてきました。 産業構造のシフトに加えて、都心部の産業集積、地方からの人口流入や女性の社会進出などが相まって、オフィスワーカーは増加の一途を辿ってきました。 そしてその受け皿としてのオフィ

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

Comments


bottom of page