top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

日本における会社の変遷:「都市×会社」2.0 ③

【内容】

  1. 老舗の超大国

  2. 日本の会社の成り立ちと推移



1.老舗の超大国

日本は世界に冠たる「老舗超大国」だと言われます。

世界最古の会社である「金剛組」という建設会社は、創業1400年になります。

聖徳太子による四天王寺建立に際して、招聘された百済人:金剛重光が設立しました。

この金剛組を筆頭に、1000年以上7社、500年以上32社、200年以上3146社、100年以上33,067社(世界の8割:2010年)に上ります。

世界全体での創業200年以上の会社は、約5500社と言いますから、半数以上が日本の会社になります。

2位のドイツが837社、オランダが222社と続きますが、圧倒的に日本の老舗が多いことがわかります。

日本が老舗大国になった大きな秘訣は「家督相続制」にありました。

戸主が亡くなった場合に、長子(主に長男、関西では女系も有った)がその権利と義務を一人で継承・相続するというもので、この場合の相続税も優遇されていました。

日本における会社は、「同族存続主義」であったことがわかります。

家督相続制は、戦後には、法律上も社会通念上も消滅し、当然の結果として、後継者難で消え去っていく老舗企業が多数ありました。


2.日本の会社の成り立ちと推移

  1. 江戸時代には、商業、酒造業、製薬業を中心に多くの会社が創業します。

「堅実と正直」をモットーに家業として経営されました。商家においては、従業員は奉公人と呼ばれ、丁稚、手代、番頭、暖簾分けという、育成・昇格システムが根付いていました。

  1. 明治時代に入ると、国を挙げて工業化・近代化が図られます。輸出産業として興隆した繊維産業を中心に、従来の製造業でも近代化が図られます。また従業員も、一族の子弟ではなく、「高等教育機関で学んだ人材を登用する事」が一般化しました。

  2. 大正〜昭和初期には、大戦景気で造船・重工業の隆盛を誇るようになります。都市の労働人口が増加し、その後の大恐慌時に企業の再編、産業転換が進みます。

  3. 戦後の農地改革と財閥解体で、中小企業が設立・育成が促されます。また労働組合活動が盛んになり、企業労働者の生活向上に反映されました。

  4. 高度成長期には、約20年間に亘り、年平均10%の経済成長が続きます。技術革新による大量生産が進み、自動車・機械・化学産業が隆盛し、「終身雇用」と「年功序列」を元にした日本型経営が定着しました。

  5. バブル崩壊とグローバリズムの進展とともに、勤続年数や年齢に応じて、役職や賃金が上昇していく人事制度を撤廃し、実力主義を打ち出す企業も増えます。日本型経営の崩壊です。


江戸時代の奉公人制度から、新人採用し、教育・研修制度を充実させてきました。

「バブル崩壊とグローバリズムの進展」までは、すぐに辞めるのではなく、長く勤めることを前提にして「人材を育てていく仕組み」だったことが分かります。

この様に日本における「会社」は、「存続」と「育成」が主軸にした経営だったのです。

最新記事

すべて表示

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

bottom of page