top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

日本における会社の変遷:「都市×会社」2.0 ③

【内容】

  1. 老舗の超大国

  2. 日本の会社の成り立ちと推移



1.老舗の超大国

日本は世界に冠たる「老舗超大国」だと言われます。

世界最古の会社である「金剛組」という建設会社は、創業1400年になります。

聖徳太子による四天王寺建立に際して、招聘された百済人:金剛重光が設立しました。

この金剛組を筆頭に、1000年以上7社、500年以上32社、200年以上3146社、100年以上33,067社(世界の8割:2010年)に上ります。

世界全体での創業200年以上の会社は、約5500社と言いますから、半数以上が日本の会社になります。

2位のドイツが837社、オランダが222社と続きますが、圧倒的に日本の老舗が多いことがわかります。

日本が老舗大国になった大きな秘訣は「家督相続制」にありました。

戸主が亡くなった場合に、長子(主に長男、関西では女系も有った)がその権利と義務を一人で継承・相続するというもので、この場合の相続税も優遇されていました。

日本における会社は、「同族存続主義」であったことがわかります。

家督相続制は、戦後には、法律上も社会通念上も消滅し、当然の結果として、後継者難で消え去っていく老舗企業が多数ありました。


2.日本の会社の成り立ちと推移

  1. 江戸時代には、商業、酒造業、製薬業を中心に多くの会社が創業します。

「堅実と正直」をモットーに家業として経営されました。商家においては、従業員は奉公人と呼ばれ、丁稚、手代、番頭、暖簾分けという、育成・昇格システムが根付いていました。

  1. 明治時代に入ると、国を挙げて工業化・近代化が図られます。輸出産業として興隆した繊維産業を中心に、従来の製造業でも近代化が図られます。また従業員も、一族の子弟ではなく、「高等教育機関で学んだ人材を登用する事」が一般化しました。

  2. 大正〜昭和初期には、大戦景気で造船・重工業の隆盛を誇るようになります。都市の労働人口が増加し、その後の大恐慌時に企業の再編、産業転換が進みます。

  3. 戦後の農地改革と財閥解体で、中小企業が設立・育成が促されます。また労働組合活動が盛んになり、企業労働者の生活向上に反映されました。

  4. 高度成長期には、約20年間に亘り、年平均10%の経済成長が続きます。技術革新による大量生産が進み、自動車・機械・化学産業が隆盛し、「終身雇用」と「年功序列」を元にした日本型経営が定着しました。

  5. バブル崩壊とグローバリズムの進展とともに、勤続年数や年齢に応じて、役職や賃金が上昇していく人事制度を撤廃し、実力主義を打ち出す企業も増えます。日本型経営の崩壊です。


江戸時代の奉公人制度から、新人採用し、教育・研修制度を充実させてきました。

「バブル崩壊とグローバリズムの進展」までは、すぐに辞めるのではなく、長く勤めることを前提にして「人材を育てていく仕組み」だったことが分かります。

この様に日本における「会社」は、「存続」と「育成」が主軸にした経営だったのです。

最新記事

すべて表示

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

方策2 世界観による体験アップデート シン文化観光 ⑧

【内容】 文化観光の「テーマ」づくり 「場所×〇〇」で世界観づくり 街メガネとしてのアート設置 1.文化観光の「テーマ」づくり 街を観光するといっても、よほどの観光名所でもない限り、ただ歩くだけでは直ぐに飽きてしまいます。 簡単にできる文化観光の「工夫」として、「テーマ」づくりが考えられます。 街歩きの楽しみ方に「色コレクション」があります。例えば、「街の中で赤色のアイテムをコレクションしてみる」

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

Commentaires


bottom of page