top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

日本の都市の歴史 都市暮らし ④

更新日:3月29日

【内容】

  1. 戦国時代に新興する日本の都市化

  2. 江戸の発展

  3. 東京としての発展

 

 

1.戦国時代に進行する日本の都市化

日本の都市は「平城京」や「平安京」などの都に始まります。

「平安京」は、貴族とその生活を支える庶民からなる約10万人の都市として遷都されました。

主に地方からの届け物や特産品で支えられたため、その収入は朝廷の権威によって増減し、不安定で、都はずれの8条、9条あたりは、非常に廃れていたといいます。

都市化が本格的に進むのは、戦国時代末期から江戸時代にかけてになります。

「刀狩」を契機とした「兵農分離施策」によって、武士階級を城下町に居住させる一方で、農民は村請制度によって、土地に縛り付けられるようになります。

武士階級と、その再生産に奉仕する商工業者を領主の城下に集住させる城下町(封建都市)の建設は、日本的都市の特徴といえます。

封建都市は、幕藩領主の政治的・軍事的な必要性によって、計画的に建設されました。

領主の本城を中心にして、家臣団の屋敷割エリアと、商工業者が住む町割エリアとが有機的に統一されています。

 

2.江戸の発展

江戸幕府の本拠地として建設された「江戸」は、本質的には城下町で、江戸城外郭内の武家地と、埋め立てて開発した町人地とで構成されていました。

燃えやすい材質でできた建物が密集した江戸では、一度建物に火がつくと、消火活動を行う間もなく、火が広がりました。

「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉通り、江戸では「大火」が頻発(約50回)し、広大な市街地を繰り返し焼き払ってしまいました。

度重なる「大火」による新都市計画を契機にして、江戸はその都市域を、不規則に郊外に拡大していきます。

武家屋敷や寺社が、城郭外へ移転・分散していくと、それと共生関係にある町屋や門前町も新設・再配置していきます。

江戸は人口100万人に及ぶ「多心型城下町」として拡大・発展していくのです。

 

3.東京としての発展

明治維新を経て、東京と改称されてからも、「無血開城」された江戸の多心型城下町としての骨格は、残されます。

近代国家としての体裁整備を急ぐ政府は、根本的な都市改造には手をつけずに鉄道や港湾整備を急ぎます。

山手線などの鉄道建設の経緯を見ても、「我が土地」に対する執着と、公共公益に対する拒否感が見て取れます。

そんな中で、郊外部では民間による「田園都市計画」が試みられます。

渋沢栄一が主導した田園調布の他にも、東京では、日吉、多摩川学園、成城、国立が造成され、関西でも阪神間にいくつかの住宅都市が計画されます。

都市部で、住民の協力を得ながら再開発するよりも、新しい郊外開発の方が、手っ取り早かったのでしょう。

 

このように日本の都市建設は、市民による自律志向ではなく、時の権力によって推進されてきました。

その都市形態も、城郭内でコンパクトシティを形成するのではなく、郊外に拡大・展開していきます。

自ずと「都市暮らし」の心得として「個人の制限を許容」ではなく、公共は「お上」のものである反面、「敷地内では自由」という風土が根付いてしまいました。

最新記事

すべて表示

シェアオフィスのメリット・デメリット シンシェアオフィス ④

【内容】 シェアオフィスの特徴 シェアオフィスのメリット シェアオフィスのデメリット 1.シェアオフィスの特徴 シェアオフィスとは、オフィスフロアを複数の事業者で利用できるオフィスであると定義されます。 その特徴は、戸建て住宅と集合住宅との比較で考えるとわかりやすいと思います。 自分で住宅を建てるのであれば、自由に設計・利用できる反面、大きな出費になりコストバランスを考えると郊外に場所を求めざるを

オフィスの歴史とシェアオフィス シンシェアオフィス ③

【内容】 オフィスの量的拡大 オフィスワークの質的変化 テレワークの定着とシェアオフィスの有効性 1.オフィスの量的拡大 戦後日本の産業構造は経済成長とともに、第一次産業から第二次産業、そして第三次産業へとシフトしてきました。 産業構造のシフトに加えて、都心部の産業集積、地方からの人口流入や女性の社会進出などが相まって、オフィスワーカーは増加の一途を辿ってきました。 そしてその受け皿としてのオフィ

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

Комментарии


bottom of page