検索
  • admin

次世代の都市評価指標④ スマホ通じた行動データ活用の可能性

更新日:2021年10月17日

FIACS部会にKDDIグループの山本隆広氏、小野智弘氏に登壇頂き、通信事業者のデータ技術の現状と展望をお聞きしました。山本氏からはGPSデータは10Mメッシュ、最速2分で提供可能だという現状を説明されました。さらにその行動特性から居住者・勤務者・来街者などの属性把握ができるという事でした。従来のアンケートやカウント調査に代わって、時間別・場所別にお客の性別・年齢がきめ細かく分かるだけでなく、滞留時間や回遊状況まで把握できるわけです。小野氏からは行動データに家庭電気量や検索データを組み合わせれば、家族属性やライフイベントの推定が可能だという技術レベルが報告ありました。さらに運転行動やWeb閲覧履歴を活用すれば Big Five分類などの性格推定も可能だという事です。外向性や知的好奇心などの性格は消費嗜好や行動とも連動し、これに対応したコミュニケーションによって20%弱の購買率アップと言う研究実績もあるそうです。同様に対象特性に適合したコミュニケーション使い分けによる行動変容も視野に入れていると言います。

データ活用は調査・分析の段階から最適コミュニケーションを実現する段階に入ったと言えます。将来的には場所や街との相性をマッチングすることも可能になるかもしれません。

このように進化の著しい通信事業者データを都市評価指標に積極的に活用したいと考えます。現状でも先般の矢野氏の研究の基づく「会話中の共鳴行動」について、スマホ・データで計測すれば幸せ実感として指数化が可能になります。さらに「幸せ実感」を継続・拡張する要素としてA:多様、B:変化、C:交流の3分野を想定します。多様な人・コト・モノが混在し、時間や季節の変化に対応しながら、交流していく事によって、脳が刺激され前向きな心(幸せ実感)が育まれると考えます。この3つの継続・拡張要素の内、年齢や性別・目的など多様な人が居ることの確認や、回遊行動や交流行動が、スマホ・データから確認定量化できるのです。従来のアンケート調査では、設問による意図的な誘導や 日本人独特の自己肯定感の低さが課題になっていました。スマホなどの行動データの活用による幸せ実感やその継続要素の計測は、「幸せ度合いのアンケート調査」よりも納得性の高い指標になるのではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ