検索
  • admin

次世代の都市評価指標⑨ 建築における2つの先進事例

都市開発は常に人・店舗・企業の誘致合戦を繰り返してきました。利便性と容積率という従来指標に最新の機能・スペックを加えて競う為、どの都市開発でも同じようなツルツル・ピカピカのビルが立ち並ぶ状況になってしまっています。このままでは先行事例を研究して最新スペックを搭載する後発開発が、常に優位になる無限&同質化競争から抜け出せないのではないでしょうか。

このような状況の中で建築において2つの先進事例が生まれました。

  1. 虎屋本店

羊羹で有名な虎屋が赤坂の本店の建て替えにあたって、それまでの10階建から4階建の建物に減築するという英断を下したのです。内藤廣氏設計の木をふんだんに使用した空間は、赤坂御所向かいの立地に相応しい風格を備えています。

  1. KADOKAWA本社

総合メディア企業の KADOKAWA が本社を東京都千代田区の飯田橋から埼玉県東所沢に移転したのです。隈研吾氏設計による出版社らしい本の博物館「角川武蔵野ミュージアム」を併設した新本社です。


もちろん両例ともに立地や規模に対して、社内外から様々な意見が寄せられたそうです。しかしリモートワークが主流で「出社がトピック」になりつつある時代には、リアルに人を集めやすい交通利便性と規模だけを重視する必要がなくなったのではないでしょうか。オンライン1stという潮流に対応し、企業活動や企業カルチャーなどをネット上のコンテンツとしてどう発信していけるか、という視点から考えると非常に意欲的なプロジェクトだと言えます。さらに多様なステイクホルダーを巻き込んだコンテンツ発信が、より有効になるという視点で考えると、企業価値向上のためには都心のビジネス街立地よりも理にかなっているのでは無いでしょうか。

東京大学で街づくりを専攻される小泉秀樹教授は「これからの街づくりでは歴史性と真実性とが評価される」と指摘されました。交通利便性だけでなく公園や水辺などの特別感のある立地特性を活かしたり、自社のDNAや土地・建物の歴史を如何に深掘りして発信できるかが重視される時代と言えます。オンライン1stの時代には多彩なコンテンツを発信できる舞台としての街が評価されるのです。まさに「経営資源としてどの街を選ぶか?」によって企業価値が左右される時代と言えます。


最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ