検索
  • admin

次世代エリマネ(TCD)の時代⑥ インプット A:人のメタ見える化

街の潜在力を見える化する資源として、そこで活動する「人」が挙げられます。会社勤めしていたり、飲食店を経営していたり様々な「本業」活動を行なっていますが、「一人十色」と言われるように、それぞれが何らかの「得意」や「興味」を持っているのではないでしょうか。「学生時代に野球をやっていた」「お弁当作りが得意」「昆虫を飼うことが好きだった」等などです。これらの得意や興味を「体験提供」という形で見える化できるかを考えます。日本人独特の「謙虚さ」から「いやぁー私くらいのレベルでは、人様に教えるなんてとても無理」という反応がほとんどだと思います。100人相手では緊張してしまいますが、5人相手であれば同好の仲間として楽しめるのではないでしょうか。少なくとも「初心者への手解き」や「街のビギナー向け〇〇巡り」であれば可能なはずです。しかも実際にやってみると自分の知識や技量の再確認にもなりますし、色々な気づきや出会いがあって結構楽しいことが実感できるものです。何よりも本業以外での社会とのつながりや仲間づくりの充実感があり、「仲間づくり」の口実にも活用できると思います。このように「自分の多層性を活かして楽しむ人が多い」を街は活性化します。

具体的にはainiなどの体験提供プラットフォームを利用して「〇〇を楽しむ会」「〇〇体験ツアー」を開催していくことが有効です。自分推しの飲食店を梯子する「〇〇街飲み歩きビギナーツアー」なども面白いと思います。普段はバラバラに活動する「〇〇体験」を「街の文化祭」などの名目で定期的に一斉開催すると、様々な形で街を楽しむ人たちが一堂に見える化でき、新たなつながりが生まれる機会にもなります。人の「メタ見える化」はTCD:街のコンテンツ価値創造の第一歩だと考えます。

最新記事

すべて表示

歴史と伝統のイメージが強い神社仏閣ですが、実は時代のニーズに対応して、様々なマーケティング施策・観光振興策を駆使してきました。 清水寺の観光振興 太宰府の学業成就 川崎大師の初詣 湯島天神の絵馬 浅草神社の夏詣で 1.清水寺の観光振興 昭和30年頃まで、清水寺の観光客は極めて少なく、産寧坂には店舗もなかったと言います。そこで清水寺は観光振興のために、御堂の下を大随求菩薩の胎内に見立てた「胎内巡り」

これまでの街づくりと社寺仏閣との関係を整理し、これからのあり方について、検討します。 【内容】 今昔の街づくりでの位置付け 都市における社寺の可能性 シビックプライドの拠点としての社寺整備 1.今昔の街づくりでの位置付け 江戸時代までの社寺は、街づくりにおいて、大変重要な位置を占めていました。 門前町では、神社や寺院を中心に街が形成され、城下町でも、武家地、町人地、寺社地などに町割りされて計画して

全国の神社仏閣が、コンビニの2.5倍もあることは、前回触れましたが、なぜそこまで社会に浸透し、増えたのか?について、その歴史を踏まえて検討します。 【内容】 自然崇拝から始まる 仏教伝来と神仏習合 社寺の保護と仏教制圧 政策としての寺請・檀家制度 国家神道と廃仏毀釈 GHQと神道司令 1.自然崇拝から始まる 古代、大木や巨岩あるいは山などは、神さまが降りられる場所、鎮座される場所とされました。その