top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

歩くことの効用 遊歩都市 ②

【内容】

  1. ウォーキングが心身にもたらす効能

  2. 健康とウォーキングに関する知見

  3. その他の効用




1.ウォーキングが心身にもたらす効能

(一社)日本ウォーキング協会によると、ウォーキングの健康面における効果として、下記の9つが挙げられています。

  1. 心肺・血管強化:酸素摂取量が増え、血液を浄化し、心臓血管病などを防ぐ。

  2. メタボ予防改善:体脂肪を減らし、代謝を促し、内臓脂肪症候群を防ぐ。

  3. 悪玉追放:悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化などを防ぐ。

  4. 貯筋・正姿:赤筋が増え、基礎代謝が高まる。体幹を鍛えられ、正姿勢が保たれる。

  5. 骨太:骨芽細胞が活性化し、骨密度が高まり、骨粗鬆症を防ぐ。

  6. 脳活性化:五感の刺激を通じて、脳の働きを活性化する。

  7. 免疫力増強: NK細胞を強化し、腎機能を高める。

  8. 快調快眠快通:自律神経のバランスを整えことで、眠りの質を高め、大腸を活性化する。

  9. リラックス:ストレス・不安感を取り、肩こり・腰痛を和らげる。


2.健康とウォーキングの関する知見

国交省が進める「健康・医療・福祉のまちづくりガイドライン」では、「健康とウォーキング」に関する数値的な知見が、下記のようなにまとめられています。

  1. 日本では、運動不足が原因で毎年5万人が死亡しており、適度な運動スポーツの習慣化で、この死亡者数の減少が可能。 (厚労省:2011年日本・国民皆保険制度から50年)

  2. 平均寿命と健康寿命との差は10年前後の差異を保ったままであり、適度な運動・スポーツの実施により、ロコモやフレイル状態は元より、生活習慣病予防にも寄与する。

(厚労省:2018年健康日本21委員会資料)

  1. ウォーキングの効果は、脂肪燃焼、生活習慣病の予防、呼吸循環器系機能の向上、ストレス発散、睡眠の質向上など、これまで様々な報告が挙げられている。

  2. ウォーキングによる医療費抑制効果は、0.065-0.072円/歩/日と試算され、1日1500歩増加すると、年間3.5万円削減が期待できる。


3.その他の効用

ウォーキング・街歩きに関しては、健康以外にも下記のような効用が期待されています。

  1. 防犯活動:地域住民による街歩き・自主防犯パトロールの促進によって、「犯罪抑止力の強化」が期待されています。「ひったくり」「空き巣」「放火」「学童への犯罪」などに対して、街の防犯態勢を認知させることによって、犯意を喪失させる事を目的にしています。

  2. 徒歩生活圏の再建:街歩きの促進は、単に商店街の活性化だけではなく、障害者や高齢者の社会参加の促進、あるいはそれによる寝たきり状態の予防なども想定されています。


毎日のようにできて、準備もほぼ必要なく、最低限の努力ですみ、都合によって時間を調整できる「ウォーキング」は、街づくりという最大多数の最大幸福を目指す施策には、非常に重要なのです


さらに、歴史上の芸術家や学者など、散歩を日常の重要な日課として位置付けていた先人は、西洋ではアリストテレス、ソクラテス、プラトン、日本の西田幾多郎、国木田独歩、福沢諭吉、島崎藤村など、列挙に暇がありません。

ヒポクラテスは「歩くことは人間にとって最良の薬である」と残しています


最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page