top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

歴史まちづくりのミライ 歴史まちづくり ⑩

【内容】

  1. 目標ではなく、目的を掲げる

  2. 主体者として前進するための「歴史」

  3. 日本ならではの「社会彫刻」を共創する

 

 

1.目標ではなく、目的の必要性

先日 2015年ラグビーW杯日本代表キャプテンを務めた廣瀬俊朗氏のお話を聞く機会がありました。

2015年の日本代表は、エディ・ジョーンズHCの元で、「欧米チームには負けても仕方がない」と言う負け犬根性からマインドシフトし、初めて南アフリカに勝利したチームです。

強烈なHCと選手との橋渡し役として、「サーバント・リーダーシップ」を存分に発揮したキャプテンが、廣瀬さんです。

彼は「勝利という目標ではなく、何のために戦うのか?」という「戦う目的」を、徹底的に語り合ったといいます。

最終的には「憧れの存在になる為に戦う」という目的を、チーム全員で共有することによって強豪チームの一角に食い込む存在までになったのです。

そう考えると、歴史まちづくりにおける、「維持・継承」は「目的」ではなさそうです。

まちづくりに関わる多様な関係者を巻き込むためには、「維持・継承」した先に広がる未来(=目的)を構想し、掲げて、共有しておく必要があると考えます。

 

 2.主体者として前進するための「歴史」

これまでの整理で、歴史は、ただ過去を記録・保存するだけではなく、これまでの流れを踏まえて、自己の固有性を確認し、その文脈を踏まえた上で、未来に向けた次の一手を考える事で、はじめて価値を持つことが分かりました。

歴史は当事者として関わってこそ意味があるのです。

傍観者として関わっただけでは、情報の洪水に押し流され、根無し草状態で、未来に踏み出せず、先行きに対する不安だけが膨らんでしまう状況になります。

今の日本が、そんな状況かも知れません。

歴史を活かすことで、時代の流れの中で相対化し、自らの根を意識した上で、主体的に「前進していく気概」を生み出すことが可能になるのだと考えます。

歴史も街も主体的に関わることで、「この街には何もなくて。。。」という謙遜気味の、第三者的な意見ではなく、「私はこの街の〇〇を誇りに思う」「この街を愛している」と、当事者として胸を張って語れる大人たちが、増えるのではないでしょうか。

 

 3.日本ならではの「社会彫刻」を共創する

ヨーゼフ・ボイスの「社会彫刻」の例を出すまでもなく、街は「社会彫刻」そのものです。

日本という「恵まれた風土」の上で、刹那的、仮住まい感覚で生きていくのは、あまりにも勿体ないと思います、

歴史を踏まえて、自分の生涯をかけて、美しい「社会彫刻」を掘り上げていくことが、生き甲斐であり生きる証ではないでしょうか。

日本ならではの社会彫刻を共創していくのです。

日本各地でその土地と歴史に根ざした、様々な社会彫刻が姿を表していくことが、世界が憧れる日本づくりにつながるのだと確信します。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page