top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

歴史まちづくりの効用 歴史まちづくり ⑨

【内容】

  1. 課題解決思考を超えて「未来」を考える

  2. 日本の文化・意識を生かす

  3. 日本ならではの「文化ストーリー」が武器になる

1.課題解決思考を超えて「未来」を考える

「アート思考が求められる時代」「文化の時代」と言われて久しいと思います。

もはや生活に必要な商品・サービスは一揃い手に入れてしまい、ある程度の機能・デザインの商品が、コモディティ化した現代社会では、論理的な課題解決型ビジネスに、閉塞感が漂っています。

「今」に対応した課題解決思考ではなく、「未来」へ向けた次の一手を繰り出す時に参考になるのが、これまでの流れ(文脈)としての「歴史」です。

「歴史」を踏まえて、従来の流れに「沿った一手」にするのか?これまでの流れを「変える一手」にするのか?

次の「一手」が有効になる確率は、自分の経験に基づく判断か?歴史の流れ・文脈を踏まえた決断か?で大きく異なるのではないでしょうか?

歴史まちづくりも同様で、綿々と続く「街の歴史」を踏まえて、その文脈に「沿う」のか?あえて「変える」のか?(=変えるのなら、どのような未来を描くのか?)が問われる時代になっています。

特にまちづくりの場合は、多様な関係者の合意形成が大切で、周囲に認められなければ、愛着を持って利用もされず、賑いも望めません。

2.日本の文化・意識を街に活かす

これから到来する文化の時代は「日本の時代」だと言う意見があります。

寿司やラーメンといった「和食」が世界で認められ、多様な食文化がインバウンドの魅力になっています。

独自進化を遂げたアニメやゲームなどの「コンテンツ文化」も人気です。

そしてそれらの背景にある「日本人の歴史と美意識」が、他に類の無い日本の強みとして、注目されているのではないでしょうか?

独立研究家の山口周氏によれば「美意識によるブランディングの潜在力では、日本とフランスとが、世界の双璧にある」と言うことです。

ただこれまでは「日本人の美意識」は、「衣・食・住」の内、「衣」や「食」では顕在化していますが、「住」の分野では、その潜在力が十分に発揮されていないようです。

3.日本ならではの文化ストーリーが武器になる

高度成長社会では、日本の街づくりは、交通利便性や経済合理性を、最優先に計画されてきました。

街に人格があるとすると、「のほほん」と生きてきた人の人生が「薄っぺらい」ように、何の躊躇いも無く、経済成長に身を任せてスクラップ&ビルドしてきた街は、根無し草のようで人格の深みも魅力も感じられません。

そして、人口減少に加えて、ネットショッピングの台頭や、コロナ禍を経たリモートワークの浸透によって、集積志向や規模の追求などの「文明面での差別化」は、限界に達していると考えられます。

成熟社会の日本では、歴史を踏まえた「根のある街づくり」が求められているのではないでしょうか。

人間の「原風景、原体験」は、成長・進化した時の記憶にあります。

同様に、「街の原体験」を発掘して耕し、未来コンテンツとして、どうストーリー化できるのかを検討するのです。

「ストーリーとしての歴史」を備えた街を舞台にする時、その街で活動する人たちのライフスタイルや企業活動にとって、文化的価値の高いコンテンツとして、世界にアピールすることが可能になると考えます。

日本ならではの「街の歴史・文化ストーリー」が、有効な武器になるのです。

最新記事

すべて表示

今 なぜ駅のアップデートが必要なのか? シン駅3.0 ①

【内容】 コロナ禍で転換したライフスタイル 2030年予想の10年前倒し 駅でも人手不足 1.コロナ禍で転換したライフスタイル 2023年度の大手私鉄各社の鉄道事業は、コロナ禍の危機を脱したものの、旅客者数は2019年度比で80%台前半に落ち着いています。 九州や関西、中京圏の旅客者数が、コロナ前比で80%後半まで回復しているのに比べ、首都圏各社の回復が鈍く、特に東京メトロは、78.6パーセントに

文化観光のミライ シン文化観光⑩

【内容】 XRによる近未来の文化観光体験 関係人口増大の経済価値 次世代の町衆「ソシオ」づくり 1.XRによる近未来の文化観光体験 2030年頃には、AR グラスなどのデバイスを実装して、文化観光を楽しむスタイルが普及すると考えます。 そうなると、既存のリアルな街並みや施設を活用して、デジタル上に多彩なコンテンツを上書きしていけるようになります。 街を歩きながら、神社仏閣や文化財の多言語での解説や

方策3 コミュニティによる体験アップデート シン文化観光 ⑨

【内容】 佐渡「鬼太鼓」ステイ 「体験」のゴール 日本文化の「修行体験」 1.佐渡の「鬼太鼓」ステイ 「鬼太鼓」とは、新潟・佐渡の120もの地区で伝承されている伝統芸能です。 鈴木涼太郎氏を中心としたグループでは、2009年から毎年 神奈川県の大学生が参加する芸能体験プログラムを実施していました。 夏休みの約1週間に佐渡に滞在し、地区に伝わる鬼太鼓を学び、芸能祭の本番で披露するというもので、束の間

Comments


bottom of page