top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

歴史まちづくりの効用 歴史まちづくり ⑨

【内容】

  1. 課題解決思考を超えて「未来」を考える

  2. 日本の文化・意識を生かす

  3. 日本ならではの「文化ストーリー」が武器になる

1.課題解決思考を超えて「未来」を考える

「アート思考が求められる時代」「文化の時代」と言われて久しいと思います。

もはや生活に必要な商品・サービスは一揃い手に入れてしまい、ある程度の機能・デザインの商品が、コモディティ化した現代社会では、論理的な課題解決型ビジネスに、閉塞感が漂っています。

「今」に対応した課題解決思考ではなく、「未来」へ向けた次の一手を繰り出す時に参考になるのが、これまでの流れ(文脈)としての「歴史」です。

「歴史」を踏まえて、従来の流れに「沿った一手」にするのか?これまでの流れを「変える一手」にするのか?

次の「一手」が有効になる確率は、自分の経験に基づく判断か?歴史の流れ・文脈を踏まえた決断か?で大きく異なるのではないでしょうか?

歴史まちづくりも同様で、綿々と続く「街の歴史」を踏まえて、その文脈に「沿う」のか?あえて「変える」のか?(=変えるのなら、どのような未来を描くのか?)が問われる時代になっています。

特にまちづくりの場合は、多様な関係者の合意形成が大切で、周囲に認められなければ、愛着を持って利用もされず、賑いも望めません。

2.日本の文化・意識を街に活かす

これから到来する文化の時代は「日本の時代」だと言う意見があります。

寿司やラーメンといった「和食」が世界で認められ、多様な食文化がインバウンドの魅力になっています。

独自進化を遂げたアニメやゲームなどの「コンテンツ文化」も人気です。

そしてそれらの背景にある「日本人の歴史と美意識」が、他に類の無い日本の強みとして、注目されているのではないでしょうか?

独立研究家の山口周氏によれば「美意識によるブランディングの潜在力では、日本とフランスとが、世界の双璧にある」と言うことです。

ただこれまでは「日本人の美意識」は、「衣・食・住」の内、「衣」や「食」では顕在化していますが、「住」の分野では、その潜在力が十分に発揮されていないようです。

3.日本ならではの文化ストーリーが武器になる

高度成長社会では、日本の街づくりは、交通利便性や経済合理性を、最優先に計画されてきました。

街に人格があるとすると、「のほほん」と生きてきた人の人生が「薄っぺらい」ように、何の躊躇いも無く、経済成長に身を任せてスクラップ&ビルドしてきた街は、根無し草のようで人格の深みも魅力も感じられません。

そして、人口減少に加えて、ネットショッピングの台頭や、コロナ禍を経たリモートワークの浸透によって、集積志向や規模の追求などの「文明面での差別化」は、限界に達していると考えられます。

成熟社会の日本では、歴史を踏まえた「根のある街づくり」が求められているのではないでしょうか。

人間の「原風景、原体験」は、成長・進化した時の記憶にあります。

同様に、「街の原体験」を発掘して耕し、未来コンテンツとして、どうストーリー化できるのかを検討するのです。

「ストーリーとしての歴史」を備えた街を舞台にする時、その街で活動する人たちのライフスタイルや企業活動にとって、文化的価値の高いコンテンツとして、世界にアピールすることが可能になると考えます。

日本ならではの「街の歴史・文化ストーリー」が、有効な武器になるのです。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page