top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

歴史まちづくりの考え方 歴史まちづくり ⑤

【内容】

  1. 「街」にとっての「歴史」とは

  2. 社会彫刻という考え方

  3. 歴史まちづくりの視点

 1.「街」にとっての「歴史」とは

これまでの考察で「歴史の価値」について、下記のように整理しました。

「人間が社会的な存在であるからこそ、歴史を踏まえた「自己の確認」と「未来への決断」が有効で、「これから、みんなで」生きて行く方策を検討・共有する為には、歴史を基にしていくことが効果的」

それでは、「街」にとっての「歴史」とは何なのでしょうか?

「街」の「歴史」とは、「自己の確認」と「未来への決断」をしてきた「人々が生きた証」になります。

「人々の決断の証」が、街の歴史として「風土・建物・人々・土地など」に、過去から未来に堆積していくのです。

学者や役人的な発想ではなく、そこに暮らす人たちが、いつも生活感覚で実感・共有できる「証」が、街の歴史として重要ではないでしょうか。

過去からの履歴を持つ空間の中で、暮らす人たちが自分の履歴を積んでいく。

街は広義の「社会彫刻」だと考えます。

2.社会彫刻という考え方

ドイツのアーティスト、ヨーゼフ・ボイスが提唱したのが、「社会彫刻」という考え方です。

「すべての人間は芸術家であり、造形活動だけでなく、教育活動、政治活動など、あらゆる人間の営みは、たとえ芋の皮を剥くといった行為さえ、意識的な活動であるならば芸術活動になり、その成果が社会彫刻である」

という定義になります。

この具体例として、1982−1987年ドクメンタ会場で作成された「7000本の樫の木」プロジェクトが挙げられます。

これは会場となるカッセル市に、5年間にわたって樫の植樹と共に、玄武岩を置いていくプロジェクトです。樫の木は「生」を、変化しない玄武岩は「死」を意味し、生死の存在によって世界が成立していることを表現したといいます。

経済合理性だけで、街をスクラップ&ビルドしていくのではなく、「社会彫刻」としての街に、どのような「一筆」を加えるのが、効果的なのか?という視点でみると、街づくりが変わります。

過去に作られたモノ、古いモノを「背景・地」に見立て、現代のモノ、新しいモノを「前景・図」として加えていくことによって、「時間的方向性」と「格調」とを醸し出すように、街を育てていくことが可能になります。

3.歴史まちづくりの視点

都市の歴史を大切にすることは、ノスタルジーや歴史至上主義からだけではありません。

生活における不便が、ほぼ解消され、機能・スペック、デザインでは差別化が難しい「日常コモディティ時代」に、特化した価値提供に有効なのが、「ストーリー」であり、その礎としての正統性(=歴史)です。

神社・仏閣が「縁起や由縁」を語ることで、正当性を競うように、個人や企業も「どこで、何をしてきたのか?」が問われる時代になるのではないでしょうか?

その時にライフスタイルや企業活動の舞台として、「街の正統性、格調」が非常に重要になると考えます。

このような視点から、次回以降で具体的な方策を提案していきます。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page