top of page
検索
  • admin

神社仏閣の潜在価値を考える:社寺再考 ⑥

これまでの検討で、歴史的な経緯を経て、政教分離により「街づくりのタブー」になった社会環境と、様々な観光・集客策に柔軟な社寺の特性と、マインドフルネスという逆輸入トレンドについて整理しました。その上で、これからの街づくりにおける神社仏閣の潜在価値を考えます。

【内容】

  1. 神社仏閣のコミュニティ価値

  2. 参拝の科学的な意味

  3. お寺は利他精神の場



1.神社仏閣のコミュニティ価値

行動経済学の権威である大竹文雄教授の研究チームは、「神社仏閣の近所で育つと、一般的に人を信頼し、人から恩を受けると返したいと思い、利他的な傾向が高くなる」と言う研究報告をしています。

より正確には、「神社」の場合は、神社が地域コミュニティのハブとして機能し、コミュニティ活動の活性化を通じて、人から恩を受けたら返ししたいという「互恵性」が高くなると分析しています。

これに対して「寺院」の場合は、「どのような悪事も、天には必ず知られている。そして死後の世界に報いがある。」というスピリチュアルな世界観を感じさせることを通じて、「一般的信頼、互恵性、利他性を高めている。」というわけです。

神社は「地縁」、寺院は「血縁」というソーシャルキャピタルを高めると言うことになります。

ソーシャルキャピタルの上昇は、意外なことに「所得の上昇」に貢献しないようです。これはソーシャルキャピタルが社会コストの低減に寄与するためで、地域間労働移動を減らし、所得上昇効果を打ち消す反面、健康と幸福度が向上することになります。

近所に神社仏閣があれば、それによって、ソーシャルキャピタルが高まり、所得の上昇はないけれど、健康と幸福感が得られると言う、持続可能なコミュニティを形成できそうです。


2.参拝の科学的な意味

脳科学者の茂木健一郎氏は「神社参拝に科学的な意味づけは、神社に参拝することによって、自分の内面が変わることにある」と指摘しています。

神前で手を合わせ、日常の雑事から離れた空気の中で、「自分の心を整える。そのことによって、明日からの仕事に弾みがつく。」と言うわけです。

ですから、神様には何かを「お願い」するのではなく、むしろ神様の前で「自分はこんなことをします」と誓うべきであり、「お参りとは神様と約束すること」ということになります。

「精神だけでは勝てない、かといって心は無視できない。【心を整える方法論】を現代人はもっと考えたほうが良い。」と補足しています。


3.お寺は利他精神と人間成長の場

宗派を超えた僧侶たちと、全国で「まちのお寺の学校」プロジェクトを推進している松村和順氏は「お寺というのは不思議な場所で、自分最優先の思考回路が、鳴りを潜め、『おかげさま、ありがたい、お先にどうぞ』という利他的な思考回路が活性化する場所なのだ。」とコメントしています。

そしてお寺は、「自分の心を整える場であり、より良く生きる為の気づきを得る場であり、良き人との繋がりができる場」と位置付けています。お寺を「人間の成長の場」として捉えて活動しているのです。


都市における神社仏閣は、文化・観光資源としてだけではなく、【物質主義・資本主義とは異なる世界観と価値を提供する場】として位置付けられると、次世代の都市インフラとして有効ではないでしょうか。以降では【神社:シン地縁】【寺院:シン血縁及びシン自縁】としての機能とあり方について検討したいと思います。


最新記事

すべて表示

【内容】 消費経済ルールではない関係性づくり 静脈系の価値提供で「半分になった世界を取り戻す」 身体系プラットフォームで、都市も社会も変わる 1.消費経済ルールではない関係性づくり 都市の街並みは美しくなったのですが、その反面、道端の屋台はそのほとんどが取り締まられて姿を消してしまいました。 路上ライブ・ストリートダンスや大道芸などのパフォーマンス行為は規制の対象となり、予め設定されたスペースでの

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

bottom of page