検索
  • 松岡一久

街のコンテンツ6

横丁を継承する際に私たちが気をつけたのは、横丁が「既得権の保護」に止まらない仕組みでした。

余剰容積の移転などの特例を誘導するには、単に防災対策して横丁を残すだけではない「新しい価値を提供」する必要があるはずです。

いくつかの例を検討しました。


①新しい飲食業のインキュベーション施設として位置付けてみます。横丁の前身である場合が多い闇市は、戦後復興期に飲食業を立ち上げた人たちの集まり。まさに食のインキュベーションだったのです。

②「イノベーションラボ」という位置付けも考えられます。企業がオープンイノベーションのために様々な共創スペースを運営していますが、集いの輪が中々広がらないのが実情です。

横丁に集う人たちの多様性とフラットな関係性はイノベーションの場にピッタリです。

日替わり店長になったり、早めの時間(ハッピーアワー)のビジネスピッチ開催なども面白いと思います。

③「ライフワーク舞台」としての位置付けも魅力的です。

人生100 年時代に対応し、今後増えていくと想定される「一億総副業社会」の到来を踏まえ、本業(ライスワーク)と併行する副業(ライフワーク)が育まれると思います。

趣味と実益を兼ねたライフワーク舞台の存在はwell-being な働き方の実現に寄与すると考えます。

最新記事

すべて表示

Beyondコロナの都市づくり⑥「リアル商業の近未来」

今後のリアル商業のあり方について、デジタル化の最前線に詳しい岡田泰宏氏(パルコデジタルマーケティング執行役員)にお話を伺いました。 まず言及されたのは現在の都市型ショッピングセンターの窮状は、コロナ前から始まっていたと言う認識でした。 成熟社会化やEコマースの台頭などに伴うダウントレンドを感じてはいても手を打てなかったツケが一気に顕在化したという事でした。 その上でパルコにおける様々なデジタル施策

Beyond コロナの都市づくり⑤「コロナを超えて未来を見据える」

コロナ禍において厳しい状況に置かれているリアル商業について、飲食業界のフロントランナーである楠本修二郎氏(カフェカンパニー 代表)にお話を伺いました。 飲食業は非常に厳しい状況にあり、特にこれまで好立地とされていた都心の複合施設開発内の飲食店が厳しいと言う「成功の方程式反転」の状況判断から、思考を深めて都市のあり方と地方の可能性にまで言及頂きました。 ローカルがグローバルと直接交流する時代にな

Beyond コロナの都市づくり④「都市におけるオフィスのあり方」

Beyondコロナの都市におけるオフィスのあり方について、ワークスペース研究の第一人者の岸本章弘氏(ワークスケープ・ラボ代表)にお話を伺いました。 オフィスにまつわる変化の兆候としてあげられる①知識創造とイノベーションの促進、②DXの推進による生産性の向上③多様なワークスタイルの選択肢の提供④人を中心に置いた空間のデザインなどは、実はかなり以前から課題になっていたことばかりだと言うことです。 様々

©2018 ENERGY LABO ALLRIGHTS RESERVED.