検索

街のコンテンツ6

横丁を継承する際に私たちが気をつけたのは、横丁が「既得権の保護」に止まらない仕組みでした。

余剰容積の移転などの特例を誘導するには、単に防災対策して横丁を残すだけではない「新しい価値を提供」する必要があるはずです。

いくつかの例を検討しました。


①新しい飲食業のインキュベーション施設として位置付けてみます。横丁の前身である場合が多い闇市は、戦後復興期に飲食業を立ち上げた人たちの集まり。まさに食のインキュベーションだったのです。

②「イノベーションラボ」という位置付けも考えられます。企業がオープンイノベーションのために様々な共創スペースを運営していますが、集いの輪が中々広がらないのが実情です。

横丁に集う人たちの多様性とフラットな関係性はイノベーションの場にピッタリです。

日替わり店長になったり、早めの時間(ハッピーアワー)のビジネスピッチ開催なども面白いと思います。

③「ライフワーク舞台」としての位置付けも魅力的です。

人生100 年時代に対応し、今後増えていくと想定される「一億総副業社会」の到来を踏まえ、本業(ライスワーク)と併行する副業(ライフワーク)が育まれると思います。

趣味と実益を兼ねたライフワーク舞台の存在はwell-being な働き方の実現に寄与すると考えます。

最新記事

すべて表示

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内

私たちは、コンセプトの抽出にあたって、共創ワークが不可欠だと考えます。共創ワークとは、プログラムに沿った関係者とのグループディスカッションを指します。 共創ワークでコンセプトそのものは抽出できませんが、その前提となる「目指すべきゴール」「現状と事業条件」などの共有を通じて「課題」が明確になります。それに加えて「地域の潜在性・自分達の DNA」の再認識プロセスが非常に重要です。 これまでのように、マ