top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

街歩きのミライ 遊歩都市 ⑩

【内容】

  1. 消費経済で希薄になる関係性

  2. 「街歩き」行動で、体験・関係を取り戻す

  3. 「街歩き」が街を変える、未来を変える



1.消費経済で希薄になる関係性

日本社会の成長・成熟につれて、都市の街並みは確かに美しくなりました。

その反面、道端の屋台はそのほとんどが、取り締まられて姿を消してしまいました。

路上ライブやストリートダンス・大道芸などのパフォーマンス行為は、規制の対象になって、予め設定されたスペースでのみ可能とされています。

ボール遊びは、路上はもちろん公園でも禁止されることが増えました。

このように都市における屋外活動は、どんどん締め付けが厳しくなり、飲食やスポーツは、お金を払って「消費者」の役割を果たさなければ、認められなくなってきています。

都市の中の活動は、消費経済というルールに沿って、「提供側」と「受容側」という関係で埋め尽くされてしまっているのです。

客だから、消費者だから、商品・サービスを提供されて当たり前と言う「受動的な姿勢」は、一度築かれてしまうと、なかなか見直すことが難しくなります。

この関係や姿勢でいる限り、街における出会いや体験は表層的になり、街への愛着も生まれないのではないでしょうか。


2.「街歩き」行動で、体験・関係を取り戻す

「街歩き」は、都市の屋外空間で「奨励されている」数少ない自由行動と言えます。

街歩きという自由行動を起点に、「街を楽しむ作法」を拡げて行ってはどうでしょうか。

新しい屋外活動や交流を通じて、街での体験と関係性が蓄積されていくと、街への愛着が高まっていくと考えます。

「街歩き」をしながら、多様な人々の営みを眺めたり、知己との対話や偶然の出会いを楽しみながら交流できたり、突然のハプニングを含めて出会いや発見を通じて、ワクワクできたりする事こそ、リアルの都市の魅力であると考えます。

企業による公式な活動よりも、個人的で非公式な自由行動や体験が、物語となり街の文化として蓄積されていくのです。

街歩きの自由行動が、習慣化されると、そのニーズに対応したビジネス・サービスが生まれ、そのサービスの容れ物として、施設が整備されます。

「街歩き」から「ストリートや街の再生」に繋がっていくことが期待されます。


3.街歩きが、街を変える、未来を変える

「街歩き」を起点にした「都市の屋外活動」に対応して、「機能や環境が整備」されると、街が変わっていきます。

近代都市は、確かに人間に文明として「合理性と利便性」とを与えてきました。

しかし一方で、日本では、「いヤァー、ウチの街には何にもないから。。。」という自虐的なコメントをよく聞きます。

海外の街では、「我が街の自慢の〇〇」「この街の〇〇を誇りに思う」などの愛情あふれる言葉が飛び出すこととは、好対照です。

「愛する事」の反対言葉は、「嫌い」ではなく「無関心」だと言います。

逆に言えば「愛することとは、関心を寄せる事」だと言えます。

「街歩き」を通じて、街に関心を持つ人が増え、街を面白がれる人が増え、街をアソブ人が増える事によって、街への愛着・シビックプライドが醸成されるのです。

「シビックプライドの第一歩は、街歩きから」ということではないでしょうか。

これからは人間が、文化として土地の曲を生かしながら、街のコンテンツを上書きしていく時代です。

街歩きを通じて、個人と個人とが、お互いに情報を受発信し、輝き合えるようになります。その結果、総体として人間と都市とが、輝き合える状況こそ、次世代の都市づくりのゴールであると考えます。

最新記事

すべて表示

実現性と未来 健康経営ビル ⑥

【内容】 事業構造イメージ 街への広がり 健康経営ビルディングの未来 1.事業構造イメージ 健康経営支援施設(ヘルスケア・シェアオフィス)を運営するための収益イメージとして、下記のエビデンスを活用します。 テナント専用面積の25%超が、会議・リフレッシュスペースで占められ、増加傾向にある、(コクヨ) 6−14人の会議スペースの平均稼働率は約30―60%で、20人を超える大会議室の稼働率は、稼働率2

基本イメージ 健康経営ビル ⑤

【内容】 基本方針 「ウエルネス・シェアオフィス」イメージ 1.基本方針 健康経営ビルディングは、ビルオーナーや不動産ディベロッパーが対象になります。 「各オフィステナントが、専用部内で個別に確保する必要のある健康経営関連スペース(の一部)を、ビル側が共用施設として低層部に集約することによって、合理化すると共に、健康経営の下支えすることで、ビル全体の価値向上を図る」と言うものです。 健康経営の評価

研究会での知見 経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

Comments


bottom of page