top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

観光の変遷 シン・文化観光 ②

【内容】

  1. 「観光」とは

  2. 旅好きの日本人

  3. 「着地型観光」への進化

 

 

1.「観光」とは

「観光」は、一般に「目的地となる一定のエリアを見て回る行動」を指します。 

※「旅」は、「移動を含めた全てが目的」と言われますが、その違いは希薄化しつつあります。

観光のメリットとして、

  1. 心を打つ景色が見られる 

  2. 美味しい食べ物と酒に出会える 

  3. ストレス解消・健康増進 

  4. 気持ち・行動が変わる 

などが挙げられ、「出会い・発見の外向的意義」と「内省の活性化という内向的な価値」に整理できます

「まだ見ぬ世界を知りたい」という欲求は、本質的なようで、ネットや SNSを通じて、国内外の風景や食の情報を、家に居ながらにして手に入れられるようになっても、それで満足するのではなく、ますます刺激され、世界の海外旅行者数は、2019年に14.8億人を突破していました。

コロナ禍により一時的に低迷しましたが、2023年には推定13億人と急回復し、2024年には、完全回復する見通しです。

 

2.旅好きの日本人

日本におけるツーリズムの変遷を振り返ってみると、「旅好き」な国民性が浮かび上がってきます。

江戸時代の「おかげ参り」は有名ですが、明治時代の比較的早い時期に、観光の基盤となる交通機関、旅館の整備、観光資源の保護などが、行われていたようです。

明治末期から大正時代にかけては修学旅行が定着し、温泉地では浴衣姿によるそぞろ歩きなど、いわゆる「マスツーリズム」が一般化していました。

欧米においてはフランス、スイスを中心に第二次大戦後にツーリズムが普及したことと比較しても、その普及の早さが特筆されます。

戦後の経済成長に伴い、1955年頃にまず国内観光が盛んになり、10年遅れて国際観光の人気が高まり、1970年代には観光の大衆化、大量化の弊害として環境破壊が叫ばれるようになりました。

この動向を受け、マスツーリズムに代わって「ニューツーリズム(オルタナティブ・ツーリズム)」が提唱されるようになります。

 

3.「着地型観光」への進化

旅のスタイルは団体中心から個人中心に変わり、かつての「物見遊山パッケージ」では納得しない層が増え、ショッピング、美術館巡りやスポーツ・リゾート休養、産業観光、グリーン・農業体験、アニメ・映画ロケ地など様々なテーマでの観光が生み出されていきました。

日本人の「ジッとしていられない」「居る間は何かしていたい」「好奇心を持って未知の場所や体験に挑戦したい」と言う性分が反映されているようです。

さらにオンラインによる情報流通とOTA・ネット直販が一般化すると、ネットで調べて申し込み、現地集合・解散というスタイルの「着地型観光」が普及し出します。

様々な体験型プログラムが生まれ、旅の目的や嗜好の多様化を踏まえれば、「着地型観光」への進化は、当然の流れと言えます。

ただ着地型観光の消費単価は3,000円〜5,000円で、大部分は観光振興を目的にした補助サービスとして運営されているのが現状です。

地域や運営者の期待は高く、経験者の満足度が高い反面、認知度は低く、まだまだ観光産業の新しい潮流としては、発展途上と言わざるを得ません。

この「着地型観光」の未熟さに観光産業の根本的な課題があると考えます。

 

最新記事

すべて表示

シェアオフィスのメリット・デメリット シンシェアオフィス ④

【内容】 シェアオフィスの特徴 シェアオフィスのメリット シェアオフィスのデメリット 1.シェアオフィスの特徴 シェアオフィスとは、オフィスフロアを複数の事業者で利用できるオフィスであると定義されます。 その特徴は、戸建て住宅と集合住宅との比較で考えるとわかりやすいと思います。 自分で住宅を建てるのであれば、自由に設計・利用できる反面、大きな出費になりコストバランスを考えると郊外に場所を求めざるを

オフィスの歴史とシェアオフィス シンシェアオフィス ③

【内容】 オフィスの量的拡大 オフィスワークの質的変化 テレワークの定着とシェアオフィスの有効性 1.オフィスの量的拡大 戦後日本の産業構造は経済成長とともに、第一次産業から第二次産業、そして第三次産業へとシフトしてきました。 産業構造のシフトに加えて、都心部の産業集積、地方からの人口流入や女性の社会進出などが相まって、オフィスワーカーは増加の一途を辿ってきました。 そしてその受け皿としてのオフィ

シェアオフィスとは シン・シェアオフィス ②

【内容】 シェアオフィスの定義 シェアオフィスの主な種類 米国WeWork破綻の教訓 1.シェアオフィスの定義 シェアオフィスとは、一つのオフィスフロアを、複数の事業者が共同で利用するオフィスのことを指します。 レンタルオフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィス、サテライトオフィスなど様々な呼称があります。 アクセスの良い都心の立地が多く、広々としたフロアを複数の事業者で共有しています。 会

Comentários


bottom of page