検索
  • admin

観光産業3.0⑤ 観光の本質と次世代への期待

2020年秋にコロナ禍の沈静時期を狙って GO TOトラベル事業が推進され、日帰り旅行の「旅行経験率」が14.05%(2019年)から21.27%に跳ね上がりました。抑制された観光欲求に加えて、自粛生活のストレスからの解放が重なった結果だと推察されます。「日常のストレスから解放されるため」或いは「気分転換のため」といった間接的に表現されながらも、実は旅をする最も根本的な動機として「日常とは違う場所に足を踏み入れる」ことによって「いつもとは違う視線で自分を顧みる機会」が求められているのではないでしょうか。それまで鬱積した心の中の澱みを一掃しようという願いがあるのではないでしょうか。

大前研一氏の「人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ」という言葉にあるように、自分を顧みる最も身近な機会が旅行なのです。

ここで旅行と観光の定義を確認すると、旅行とは非日常な場所への移動と定義され、観光とは非日常な場所における娯楽、飲食行動全般を指すと言われます。ツーリズムとは旅行と観光双方を合わせた定義という事になるのでしょう。

観光の要は日常とは異なる場所での、新しい発見や共感を伴う体験、人との交流という「リアル体験」と言えます。多くの人々の観光行動の蓄積が、空間的な距離を超えた人と人、人と自然とのリアルな関係の再構築を促します。市場経済の浸透と情報技術の進展によって、モノ(商品)の先にある人、自然の存在が見えにくくなった現代において、観光を通じた新しい関係、いわゆる顔の見える関係が切り結ばれつつあります。観光産業の関係者はそろそろモノやサービスの提供だけでなく、それを通じた関係者や来訪者との交流や関係づくりを軸に、何を目的にすべきかを考える必要があるのではないでしょうか。観光産業は観光行動を支援する個別サービスの質を競うスタンスから、観光行動を通して得られる「価値や意味の向上」を目指して深掘り・発信していく段階にあるのです。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務