top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(6) 都市の「多」動産構想

更新日:2021年7月26日

Ⅰ 「街ぎわ環境」の可能性 /Ⅱ 「人が動く」から「街を動かす」へ /Ⅲ 「多」動産開発イメージ


Ⅰ「街ぎわ環境」の可能性

コロナ禍に伴う移動・交流価値の見直しにより、脱・都心&移動や親・オープンスペースなどのライフスタイルの変化が顕著になっています。路上飲みは論外ですが、建物や店の中に入る抵抗感から比較的安全とされるオープンスペースで過ごしたいというニーズが高mっています。一方技術革新によるMaaSや自動運転やシェアの実用化は、車での移動効率を飛躍的に高め、時間帯による道路空間の多層利用を可能にします。東京大学の小泉先生が指摘される「Link 空間の Place か」で、カーブサイドと呼ばれる路肩部分を中心に道路の生活空間利用が注目を集めています。これらの動向を踏まえ、現状はP- PFI による公園でのカフェ施設などが中心ですが、公共空間における民間マネジメント導入の流れも顕在化しています。

この潮流は都市の魅力強化の舞台としての「道路空間が主役」になる可能性を示唆しています。東京都の道路率は23区において16,5%(約100㎢)に及び、公開空地の多い西新宿周辺だけでも東京ドーム10個分のオープンスペースが存在し、非常に利用価値の高い都市の資源といえます。パリ中心部におけるシャンゼリゼ通りをはじめとした公園化構想や、日本でも大阪・御堂筋のプロムナード構想などインパクトのある多彩な構想が検討されています。一連の動向を踏まえた議論は、単なる道路の公園化を超える魅力化方策としてに検討すべきと考えます。米国ポートランドの都市計画家ホーマー・ウイリアムスの「街にとって大切なのは地上30フィートまでの世界観である」という言を待つまでもなく、都市文化を情勢し魅力を実感する舞台となる空間は、道路とその両脇の建物の地上2-3階までを一体とした「街ぎわ環境」にあります。次世代の都市の魅力化は、この部分の道路側の設え&建築側の設え如何にかかっていると言えます。


・以下のⅡ 「人が動く」から「街を動かす」へ /Ⅲ 「多」動産開発イメージについてはnoteにて購入していただけると幸いです。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page