検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(6) 都市の「多」動産構想

更新日:2021年7月26日

Ⅰ 「街ぎわ環境」の可能性 /Ⅱ 「人が動く」から「街を動かす」へ /Ⅲ 「多」動産開発イメージ


Ⅰ「街ぎわ環境」の可能性

コロナ禍に伴う移動・交流価値の見直しにより、脱・都心&移動や親・オープンスペースなどのライフスタイルの変化が顕著になっています。路上飲みは論外ですが、建物や店の中に入る抵抗感から比較的安全とされるオープンスペースで過ごしたいというニーズが高mっています。一方技術革新によるMaaSや自動運転やシェアの実用化は、車での移動効率を飛躍的に高め、時間帯による道路空間の多層利用を可能にします。東京大学の小泉先生が指摘される「Link 空間の Place か」で、カーブサイドと呼ばれる路肩部分を中心に道路の生活空間利用が注目を集めています。これらの動向を踏まえ、現状はP- PFI による公園でのカフェ施設などが中心ですが、公共空間における民間マネジメント導入の流れも顕在化しています。

この潮流は都市の魅力強化の舞台としての「道路空間が主役」になる可能性を示唆しています。東京都の道路率は23区において16,5%(約100㎢)に及び、公開空地の多い西新宿周辺だけでも東京ドーム10個分のオープンスペースが存在し、非常に利用価値の高い都市の資源といえます。パリ中心部におけるシャンゼリゼ通りをはじめとした公園化構想や、日本でも大阪・御堂筋のプロムナード構想などインパクトのある多彩な構想が検討されています。一連の動向を踏まえた議論は、単なる道路の公園化を超える魅力化方策としてに検討すべきと考えます。米国ポートランドの都市計画家ホーマー・ウイリアムスの「街にとって大切なのは地上30フィートまでの世界観である」という言を待つまでもなく、都市文化を情勢し魅力を実感する舞台となる空間は、道路とその両脇の建物の地上2-3階までを一体とした「街ぎわ環境」にあります。次世代の都市の魅力化は、この部分の道路側の設え&建築側の設え如何にかかっていると言えます。


・以下のⅡ 「人が動く」から「街を動かす」へ /Ⅲ 「多」動産開発イメージについてはnoteにて購入していただけると幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ