top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(15) 新しいリアル物販

更新日:2021年7月26日

Ⅰ Eコマースシフトの動向 Ⅱ 新しいリアル物販スタイル Ⅲ 商業ディベロッパーの役割


Ⅰ Eコマースシフトの動向

コロナ禍で外出自粛を要請され、ネットショッピングの機会が増えたのではないでしょうか? 宅配便大手3社の2020年度の取扱個数は45億個に達し、19年度の40億3200万個から、5億個近い純増になりました。

日本のEC化率は年々伸びているものの全体約6.7%(2019年度)で、20%近い米国、中国の1/3程度です。家電(32%)や書籍・音楽(34%)、生活雑貨・家具(23%)など高い分野もありますが、「食品」は3%弱にとどまっています。今後のリアル商業のあり方を想定する際に、20%近い米国、中国でも「食品」が3%に止まっている状況が、ヒントになると考えます。従来から指摘されるように「食品」は消費期限や配送コストの問題からEコマースにシフトしにくい分野と言えます。ファッション(13%)やコスメ(6%)などの分野は今後ますます EC化率が進行すると予想される中、リアル商業は飲食店と合わせて「食品+α」として構成していくべきではないでしょうか。


※【Ⅱ 新しいリアル物販スタイル Ⅲ 商業ディベロッパーの役割】についてはnote を購入いただけますと幸いです

最新記事

すべて表示

今なぜ シェアオフィスを考えるのか? シン・シェアオフィス ①

【内容】 自宅でも企業オフィスでもない仕事場の必要性 サードワークプレイス市場 シェアオフィスの可能性 1.自宅でも企業オフィスでもない仕事場の必要性 コロナ禍で普及したテレワークですが、空間面・設備面の課題から、自宅のワーキング環境では十分な生産性の確保が難しいと、実感した人も多いと思います。 とは言え、週に2〜3日の出社とテレワークとを併用する、「ハイブリッド勤務」の快適性を実感してしまったワ

駅と鉄道会社の未来 シン駅3.0 ⑩

【内容】 1. 顧客接点のさらなる活用 2. ライフスタイルの共創 3. 「共創」から「競創」へ 1.顧客接点のさらなる活用 セブンイレブンジャパンの2022年年間売り上げは約5.1兆円で、その60%をオリジナル商品が占めると言われます。 同社では、1日1300万人の顧客(POS)データを元に、単品・個店・客層別の情報を、サプライヤーとも即時共有し、商品開発や製造計画、在庫管理や受発注に活用されて

駅の進化の効用 シン駅3.0 ⑨

【内容】 1.小田急電鉄の挑戦 2.「三方よし」の必要性 3.「お客さま」から「参画者」へ 1.小田急電鉄の挑戦 小田急電鉄は、コロナ禍を経て、「社内ベンチャーの育成」に力を入れています。 「クライマー制度」という独自の社内ベンチャー制度で、社内からアイディアを募り、さまざまなプロジェクトを事業化しています。 特徴的なのは、「地域の課題解決」というスタンスで、デジタルを活用して、鉄道とは直接関係の

Comments


bottom of page