検索
  • 松岡一久

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(15) 新しいリアル物販

最終更新: 7月26日

Ⅰ Eコマースシフトの動向 Ⅱ 新しいリアル物販スタイル Ⅲ 商業ディベロッパーの役割


Ⅰ Eコマースシフトの動向

コロナ禍で外出自粛を要請され、ネットショッピングの機会が増えたのではないでしょうか? 宅配便大手3社の2020年度の取扱個数は45億個に達し、19年度の40億3200万個から、5億個近い純増になりました。

日本のEC化率は年々伸びているものの全体約6.7%(2019年度)で、20%近い米国、中国の1/3程度です。家電(32%)や書籍・音楽(34%)、生活雑貨・家具(23%)など高い分野もありますが、「食品」は3%弱にとどまっています。今後のリアル商業のあり方を想定する際に、20%近い米国、中国でも「食品」が3%に止まっている状況が、ヒントになると考えます。従来から指摘されるように「食品」は消費期限や配送コストの問題からEコマースにシフトしにくい分野と言えます。ファッション(13%)やコスメ(6%)などの分野は今後ますます EC化率が進行すると予想される中、リアル商業は飲食店と合わせて「食品+α」として構成していくべきではないでしょうか。


※【Ⅱ 新しいリアル物販スタイル Ⅲ 商業ディベロッパーの役割】についてはnote を購入いただけますと幸いです

最新記事

すべて表示

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(23) 屋外空間マネジメント

Ⅰ屋外空間活用リテラシー / Ⅱ 屋外空間のマネジメント /Ⅲ 次世代の屋外空間づくり Ⅰ 屋外空間活用リテラシー パークマネジメントという言葉をよく聞くようになりました。成功例とされる「南池袋公園」は、改修前は鬱蒼と木が茂りゴミの不法投棄が絶えない、暗く危険な公園でした。それが芝生広場を中心に魅力的なカフェが隣接する明るい公園に一変したのです。この公園の影響で周辺地域はもちろん、池袋全体のイメー

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(22) ハイブリッド観光

Ⅰ インバウンド蒸発とオンラインという光明 Ⅱ 恋愛型から結婚型へ Ⅲ ハイブリッド観光対応 Ⅰ インバウンド蒸発とオンラインという光明 2020年は観光業界にとっては衝撃的な一年でした。コロナ禍によりインバウンド客は前年比99.7%減少し、GoToトラベルなど国内観光の支援事業も含めても、軒並み業績8〜9割減という状況でした。その直前までは2020年度インバウンド目標を4000万人に引き上げ、イ

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(21) 次世代のエンタメ機能

Ⅰリアル集客への制限 / Ⅱ オンライン連携の可能性 / Ⅲ ハイブリッド公演メッカ Ⅰ リアル集客の制限 エンタテイメント(以下エンタメ)産業もコロナショックで大打撃を受けた業界です。2020年度のライブ・エンタメ市場は対前年比約8割減の1306億円(ぴあ総研)にとどまりました。近年音楽業界では「ライブ公演」の魅力が見直され、市場も拡大を続けていました(2019年度6295億円)。首都圏ではホー