top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(18) 「会食」価値を極める

更新日:2021年7月26日

Ⅰ 「食」=美味追求? /Ⅱ 会食の価値と可能性 /Ⅲ 次世代の「会食」価値づくり


Ⅰ 「食」=美味追求?

2021年1月31日に東京都葛飾区柴又にある川魚料理の老舗料亭「川甚」が閉店しました。コロナ禍で各地の飲食店が苦境に喘ぐ中、映画「男はつらいよ」の舞台にもなった名店の閉店です。老舗を支えるのは主に中高年客で、感染を恐れて外出しなかったり、大人数の宴会を取りやめたりする客が多く、特に打撃を受けてという事です。政府や東京都の支援事業への対応にはサイト登録などが必要で、老舗関連のネットを使えない店や客は恩恵に与れない状況と言えます。

料亭とは、主に日本料理を出す高級飲食店で、企業の接待・宴会や商談、要人や政治家の打ち合わせなどに使われます。日本文化の結晶とも言え、料理・器・数寄屋造・日本庭園・美術品・芸妓・邦楽などの正統派の日本文化を堪能できる場所になってきました。

料亭はもう時代遅れなのでしょうか?「食」は単に自分が美味しいものを食べることがゴールなのでしょうか?「グルメ」として取り上げられるお店は、厳選した素材に手間をかけ、美味を追求するプロと言えます。でも少し間違えると、いつの間にか単一価値だけを求めるようになってしまいます。よく例に出される「時計」で考えてみると、当初はスイスが精密機器のメッカとして君臨していましたが、セイコーなど、正確さ・使いやすさ・大量生産を得意とする日本企業に圧されました。事業継続の方策を必死で模索した結果「時を刻む宝飾品」としての価値を極めたブレゲやリシャール・ミルなどの創造にたどりついたわけです。「カメラ」や「自動車」についても同様の流れが見えます。山口周氏の言葉を借りるなら「役に立つ」から「意味のある」価値提供に舵を切り、新しい市場を形成した事例です。

食の世界でも「美味の追求」だけではない、価値づくりにも目を向けるべきだと考えます。

それが料亭に代表される他人との関係機会として外食ではないでしょうか。デート、ビジネスディナー、レセプション、公邸会食など、視野が狭くなりがちな現代のネット社会だからこそ必要な、リアル空間での「会食」価値だと考えます。


※【Ⅱ 会食の価値と可能性 /Ⅲ 次世代の「会食」価値づくり】につきましてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page