検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(10) 遊・文化の醸成舞台

更新日:2021年7月26日

Ⅰ 街ぎわ環境の重要性 / Ⅱ 遊・文化をシンカさせる仕組み / Ⅲ MaaS時代の街ぎわ環境


Ⅰ 街ぎわ環境の重要性

東京大学・小泉秀樹氏の「都市をモデル化するとPlaceとLinkとで構成され、その組み合わせ方が都市計画と言える」という視点は以前述べました。[Place]とは家やオフィスなど様々な活動空間を指し、[Link] とはPlace 同士をつなぐ道などの連絡空間を指します。

Beyondコロナの都市の主な役割が「働・生産」から「遊・文化」に移行すると、遊・文化の舞台はビル内の閉じられた箱の中ではなく、このPlaceとLinkとの接点にあたる場所、建物低層部と道路とが接する沿道ゾーン:【街ぎわ環境】に仕込んでおく事が重要になると考えます。Place 内での多彩な活動がその中で完結してしまっては、Linkに染み出し発信・伝搬せず、他から Link を介して新しい情報・刺激が入ってくる事もありません。従って Place 内での活動がさらに変化・進化する可能性は低くなります。もちろんLink単独では活動の拠り所も無く進化しようがありません。次世代の都市の主要素となる遊・文化の進化・魅力化には Place とLink との相互作用・連鎖反応が不可欠なのです。以前ジャズクラブ・ブルーノート東京の代表を務めた伊藤陽介氏から「ブルーノートの店舗は地下や上層階でも良いが、そのエントランスは道路に面していなくてはダメ」と指摘されたことを記憶しています。【街ぎわ環境】は様々な人の活動接点となる場所で、米国ポートランドの都市局では「地上30ft(約10m)以下の世界観が非常に重要」をコメントされています。歩車混合の街づくりで先進モデルに挙げられるポートランド(北部のパール・ディストリクト)ですが、実は1970年代にも話題になったことがあります。現在はすっかり寂れてしまっていますが、当時注目されたのは同市の南部エリアでした。歩車分離が施され高層ビルの間に広がる公開空地には、ローレンス・ハルプリン設計のダイナミックな水景公園が繋がって人気を博していたのです。このポートランドの南・北モデルの変遷は教訓にすべきだと思います。日本の場合も総合設計制度などの導入で広い公開空地と引き換えにビルの高層化が奨励されてきましたが、その結果ビル風に煽られ人影もまばらで殺風景な公開空地が点在する事が少なくありません。この潮流の後追いをしない為にも、今こそ【街ぎわ環境】での工夫が不可欠なのです。


・以下の【Ⅱ 遊・文化をシンカさせる仕組み / Ⅲ MaaS時代の街ぎわ環境】についてはnoteを購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ