検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり550のヒント(13) サードワークプレイス

更新日:2021年7月26日

Ⅰサードワークプレイス市場の拡大 /Ⅱ サードワークプレイスの特性 /Ⅲ 法人対応のサードワークプレイスの在り方


Ⅰ サードワークプレイス市場の拡大

コロナ禍で普及したリモートワークですが、空間面、設備面の課題から自宅でのワーキング環境では十分な生産性の確保が難しいと実感した人も多いと思います。とは言え「週に2~3日の出社」とリモートワークを併用するハイブリッド形式の快適性を実感してしまい、元の毎日出社を強要すれば、リクルーティング面で影響が出そうです、そこで注目されるようになったのが、自宅でも企業オフィスでもない「サードワークプレイス」です。

リモートワークの普及などをもとに各企業が固定費の削減に向けネットワーク型ワークプレイス戦略を打ち出すと、「所有」「賃借」よりも柔軟なサービスとして「利用権」を中心とした「サードワークプレイス市場の拡大」が想定されます。東京都の就業者数(700万人想定)のうちテレワーク適職率(50%想定)、更にテレワーク実施率(50%想定)サードワークプレイス利用率(30%想定)などを設定し、一人当たりオフィス面積10㎡を掛けると500万㎡余りと試算されます。東京のオフィス面積が約3000万㎡と言われますので全体の15%相当にあたります。現状のコワーキングオフィス市場(10万〜20万㎡)から大幅に市場拡大し、オフィス市場における重要な分野になることは確実だと言えます。


※【Ⅱ サードワークプレイスの特性 /Ⅲ 法人対応のサードワークプレイスの在り方】についてはnote を購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内