top of page
検索
  • 執筆者の写真admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり550のヒント(13) サードワークプレイス

更新日:2021年7月26日

Ⅰサードワークプレイス市場の拡大 /Ⅱ サードワークプレイスの特性 /Ⅲ 法人対応のサードワークプレイスの在り方


Ⅰ サードワークプレイス市場の拡大

コロナ禍で普及したリモートワークですが、空間面、設備面の課題から自宅でのワーキング環境では十分な生産性の確保が難しいと実感した人も多いと思います。とは言え「週に2~3日の出社」とリモートワークを併用するハイブリッド形式の快適性を実感してしまい、元の毎日出社を強要すれば、リクルーティング面で影響が出そうです、そこで注目されるようになったのが、自宅でも企業オフィスでもない「サードワークプレイス」です。

リモートワークの普及などをもとに各企業が固定費の削減に向けネットワーク型ワークプレイス戦略を打ち出すと、「所有」「賃借」よりも柔軟なサービスとして「利用権」を中心とした「サードワークプレイス市場の拡大」が想定されます。東京都の就業者数(700万人想定)のうちテレワーク適職率(50%想定)、更にテレワーク実施率(50%想定)サードワークプレイス利用率(30%想定)などを設定し、一人当たりオフィス面積10㎡を掛けると500万㎡余りと試算されます。東京のオフィス面積が約3000万㎡と言われますので全体の15%相当にあたります。現状のコワーキングオフィス市場(10万〜20万㎡)から大幅に市場拡大し、オフィス市場における重要な分野になることは確実だと言えます。


※【Ⅱ サードワークプレイスの特性 /Ⅲ 法人対応のサードワークプレイスの在り方】についてはnote を購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

文化施設事業化のベンチマーク シンコンセッション ⑤

【内容】 大阪城公園の軌跡 京都市京セラ美術館の進化 独自に工夫する水族館・動物園 1.大阪城公園の奇跡 大阪市は、大阪城公園全体の運営を、公募・選定した民間事業者に任せるPMO(Park Management Organization)事業方式で、公園管理費用を賄った上で、3億円前後の納付金(借地料)を受け取ることに成功しています。 PMO事業は、一般的な PFI事業よりも、さらに運営自由度が高

社会ニーズの把握2:toB(企業・ビジネス)ニーズの把握 シン・コンセッション ④

【内容】 マーケティングの進化への対応 スポンサー広告と一般広告との違い 多様性を求められる企業活動 文化施設スポンサードの可能性 1.マーケティングの進化への対応 テレビなどのマス広告は、「認知」を広げるには有効ですが、ニーズが高度化した日本のような成熟市場では、必ずしも売り上げに直結する訳では無く、より進化したマーケティング手法が求められています。 「認知→関心→検討→購入」というマーケティン

社会ニーズの把握1:toC(市民・利用者)ニーズの把握 シン・コンセッション ③

【内容】 高度化する生活者ニーズへの対応 野球場の進化に学ぶ 複合ワンストップ体験の提供 1.高度化する生活者ニーズへの対応 ミュージアム「変革」の起点は、「西洋・近代・名画偏重」のブロックバスター展に頼らない「日常使い運営」にあります。 「日常使い」とは、「何となく(遊びに)行きたくなる場所」になることですが、その前提として、生活者が「楽しみ体験に欲張り」になり、「求める質と量が向上」していると

bottom of page