検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(14) Office as a Service(OaaS)の実現

更新日:2021年7月26日

Ⅰ Beyondサードワークプレイス /Ⅱ 「neo共用部」による人・スペースの効率化&専門化 /Ⅲ OaaSの時代へ


ⅠBeyondサードワークプレイス

サードワークプレイスの台頭、分化・進化については前述の通りで、いくつかのビジネスモデルが想定されますが、高賃料の都心部で単独事業化して行くことは難しいのが実情です。大手ディベロッパーが参入し、急速に普及する可能性が高いのが、ビル全体の価値に連動させるモデルだと考えます。

コロナ禍を経て、ハイブリッド勤務の定着と共に、打ち合わせも含めオンラインがスタンダードでリアルが特別、という認識が共有されるようになります。企業オフィスは「わざわざ出社するオフィス価値」を問われるようになるのです。

一方 企業の経営環境においては国境、業界の枠を超えた大競争時代になり、常に新たな事業開拓を強いられるようになりました。あらゆる企業に成長の源泉であるイノベーションが求められ、企業のオフィスワークにおける最も重要な役割が、イノベーション創出機会の提供になります。

さらに東京のオフィス市場では空室率が5%を超えています。この状況下でも、今後5年間も平均100万m2(森ビル調査)という大規模オフィスの大量供給が続いていきます。

このような状況認識のもと、私たちはオフィス市場における新しい提供価値として、 Beyondサードワークプレイスを提案します。単なるサービスオフィスではなく、ビル全体の価値を高める[neo共用部としてのサードワークプレイス」です。


※【Ⅱ 「neo共用部」による人・スペースの効率化&専門化 /Ⅲ OaaSの時代へ】についてはnoteにて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

関係人口の源泉が自己効力感にあるとすると、都市における「共感余地」を作る機会として、「生業」が有効だと考えます。生業(せいぎょう)をここでは「幅広い自営業」と定義します。人生100年時代の到来と言われ久しく、従来型の人生設計の見直しを迫られている人も多いと思います。理想的には生涯現役、少なくとも75歳ぐらいまでは働きつづける必要があるのです。この前提に立つと60歳まで会社に残り、再雇用・延長などで

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ