検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(14) Office as a Service(OaaS)の実現

更新日:2021年7月26日

Ⅰ Beyondサードワークプレイス /Ⅱ 「neo共用部」による人・スペースの効率化&専門化 /Ⅲ OaaSの時代へ


ⅠBeyondサードワークプレイス

サードワークプレイスの台頭、分化・進化については前述の通りで、いくつかのビジネスモデルが想定されますが、高賃料の都心部で単独事業化して行くことは難しいのが実情です。大手ディベロッパーが参入し、急速に普及する可能性が高いのが、ビル全体の価値に連動させるモデルだと考えます。

コロナ禍を経て、ハイブリッド勤務の定着と共に、打ち合わせも含めオンラインがスタンダードでリアルが特別、という認識が共有されるようになります。企業オフィスは「わざわざ出社するオフィス価値」を問われるようになるのです。

一方 企業の経営環境においては国境、業界の枠を超えた大競争時代になり、常に新たな事業開拓を強いられるようになりました。あらゆる企業に成長の源泉であるイノベーションが求められ、企業のオフィスワークにおける最も重要な役割が、イノベーション創出機会の提供になります。

さらに東京のオフィス市場では空室率が5%を超えています。この状況下でも、今後5年間も平均100万m2(森ビル調査)という大規模オフィスの大量供給が続いていきます。

このような状況認識のもと、私たちはオフィス市場における新しい提供価値として、 Beyondサードワークプレイスを提案します。単なるサービスオフィスではなく、ビル全体の価値を高める[neo共用部としてのサードワークプレイス」です。


※【Ⅱ 「neo共用部」による人・スペースの効率化&専門化 /Ⅲ OaaSの時代へ】についてはnoteにて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内