top of page
検索
  • admin

都市づくり5.0 Beyondコロナの都市づくり50のヒント(21) 次世代のエンタメ機能

Ⅰリアル集客への制限 / Ⅱ オンライン連携の可能性 / Ⅲ ハイブリッド公演メッカ


Ⅰ リアル集客の制限

エンタテイメント(以下エンタメ)産業もコロナショックで大打撃を受けた業界です。2020年度のライブ・エンタメ市場は対前年比約8割減の1306億円(ぴあ総研)にとどまりました。近年音楽業界では「ライブ公演」の魅力が見直され、市場も拡大を続けていました(2019年度6295億円)。首都圏ではホール不足が叫ばれ、これに対応するように横浜のみなとみらい21地区だけでも、 Kアリーナ(2万人)、ぴあアリーナ(1万人)、KT Zepp(2千人)など大型ホールの開発計画が目白押しでした。エンタメこそ「わざわざ外出する」目的そのものです。本来の都市の楽しみは「非日常の賑わい」にあり、その象徴的な体験が「エンタメ」だったわけです。それが今回は、人が集まる事そのものが否定されたわけですから、エンタメなどの「集客」産業には真逆のベクトルが働きました。コロナ禍の沈静化とともに感染対策を徹底しながら、ある程度の客足の戻りは想定されます。ここではコロナ禍を気にした「進化機会」として、アップデートしたエンタメ機能の事業構造を検討します。ここではエンタメ機能で例示していますが、基本的には教育機能についても同様の事業構造になると想定しています。


※【 Ⅱ オンライン連携の可能性 / Ⅲ ハイブリッド公演メッカ】についてはnote にて購入いただけますと幸いです。

最新記事

すべて表示

【内容】 ヨガの可能性 遊んで仕事もできるヨガスタジオ ヨガ・ライフへの展開 1.ヨガの可能性 身体性を拡張するためのもう一つの都市施設が「ヨガ・プラス」の提案です。 東洋哲学としての仏教は、身体性実践主義として体系化されているのですが、現代の日本においては、どうしても「宗教=怪しさ」が付き纏い敬遠されてしまいます。 マインドフルネスが持て囃されたのも、禅的要素から、宗教色を削ぎ落としたからではな

【内容】 身体性が失われる都市環境 「身体ルネサンス」スタイルの重要性 「身体ルネサンス」ための生活プラットフォーム 1.身体性が失われる都市環境 これまでの論点を整理すると以下の5点になります。 都市の「脳化社会」化と、無思考社会の弊害 「身体性」を生かした「実践・知覚・学習」こそが、AIとの差異。 身体性の再生には、東洋的な身体性実践主義の見直しが有効 五感、特に触覚的な質感を失った現代都市

【内容】 欧米で拡大する亜―バンファーミング アーバンファーミングの作り方 アーバンファーミングの効用 1.欧米で拡大するアーバンファーミング 身体性を拡張する施設として提案するのが「アーバンファーム」です。 ビルの屋上やベランダを活用した農園なのですが、大都市でも3階以上になると排気ガスの影響も少ないといわれ、パリやニューヨークなど世界の都市で増加中です。 特にパリでは、将来的には100ヘクター

bottom of page